教員紹介

ムサビ通信ならではの、
多彩な教授・講師陣。
あなたの学びたい気持ちにこたえます。

通信教育課程 専任教員

三浦 明範Akinori Miura

武蔵野美術大学 造形学部 通信教育課程
教授(絵画表現コース)

1953年生まれ
東京学芸大学教育学部特別教科教員養成課程美術科専攻卒業
文化庁派遣芸術家国内研修員。文化庁派遣芸術家在外研修員(ベルギー)。「春陽展」「文化庁主催現代美術展」、「東京セントラル油絵大賞展」、「昭和会展」、「安井賞展」、「具象絵画ビエンナーレ」、「両洋の眼・現代の絵画展」、「北京ビエンナーレ」、「The写実」展、「ベストセレクション美術」展」、「リアルのゆくえ」展、「文化庁新進芸術家海外研修制度50周年気記念展」、Basel Art Fare、New York Art Fare、"Maîtres D'aujourd’hui" (Bruxelles)、"Lineart" (Gent)、 "KunstRAI" (Amsterdam)、"PAN" (Amsterdam)、"Hedendaags Realisme" (Antwerpen)等に出品。個展、グループ展など多数。

メッセージ

幼い頃は誰しも絵を描くことが楽しかったはず。ところが、いつの間にか上手に描くことばかりを追求し、楽しむことを忘れてしまいます。しかし最も大事なことは、作者の感動や思いが伝わってくることです。それぞれの見方、感じ方や考え方など、最も楽しめる事物を見つけることが目標なのです。そのお手伝いをしたいと思っています。

吉川 民仁Tamihito Yoshikawa

武蔵野美術大学 造形学部 通信教育課程
教授(絵画表現コース)
副課程長

1965年生まれ
武蔵野美術大学大学院造形研究科油絵コース修士課程修了
文化庁芸術家国内研修員、’90年より鎌倉画廊を中心に個展、’08年より東京日本橋高島屋美術画廊Xにて個展。グループ展ではVOCA展、安田火災財団選抜奨励展、Chiba Art Now ‘01 絵画の領域展(佐倉市立美術館)、「抽象と形態:何処までも顕れないもの」展(DIC川村記念美術館)、’18 TamihitoYoshikawa展 Galerie Taménaga France(パリ)その他アートフェアなど。

メッセージ

本来、作品の制作はとても自由なものです。ただ、自身の表現を自在に画面へ形づくることは簡単ではありません。だからこそ通信での学習を通じて自身の興味のを探し、自分のやりたいことを見つけてください。その過程では行き詰まることやくこともあるでしょう。でも、そのことが各自の成長を促し、自己を確立してゆきます。

重政 啓治Keiji Shigemasa

武蔵野美術大学 造形学部 通信教育課程
教授(日本画表現コース)

1953年生まれ
東京藝術大学大学院美術研究科日本画専攻修士課程修了
文化庁芸術家国内研修員「日本画の技法と材料」の研修。文化庁芸術家在外研修員として、オーストリア・ウィーン造形アカデミー・Prof. A. アントン・レームデン教室で学ぶとともに「ウィーンの幻想派と日本画の関係」を調査。現在、日本画の用具用材を使っての絵画作品を、個展、グループ展「New Voice 現代日本画展」「表現の磁場/展」「DOMANI展」「ベストセレクション2015展」「創画会70周年展」「旅展」「キョウノドウキ-矩形・そこに見る日本画の可能性展」などに出品。学内賞サロン・ド・プランタン賞(卒業制作作品)、創画会賞など受賞。

メッセージ

メディアによる情報の流れは早く、絵画表現においても個の特徴は希薄になりつつあります。そんな中にあって日本画を学ぶことは、その地で育った文化や美の成り立ちを知り再認識することになります。日本画作品は現在のアートシーンでも新しい流れを産もうとしています。そういった流れも読み取りながら学んでほしいと思います。

牧野 良三Ryozo Makino

武蔵野美術大学 造形学部 通信教育課程
教授(デザイン総合コース)

1951年生まれ
武蔵野美術大学造形学部芸能デザイン学科卒業
1985年から総合美術研究所を拠点に、オペラ、バレエ等の舞台美術及び商業施設、テーマパーク等の開発・設計に携わる。主な仕事として、オペラコンチェルタンテシリーズ全25作品、オペラ「後宮よりの逃走」「愛の妙薬」他、バレエ「白鳥の湖」「眠れる森の美女」他、ロッテワールド東京設計支援(デザイン、アートディレクション)、東京モーターショー日産ブース(プランニング、デザイン)他。1995年文化庁芸術大賞(「ヒンデミット オペラ三部作」作品賞/美術担当)、2002年ディスプレイ産業大賞(第34回東京モーターショー日産ブース)。

メッセージ

思いと表現が一致するには時間が必要です。それはコップに水を注ぎ、溢れ出す状態といえるでしょう。その水を注ぎ込む時間が今なのです。思いの実現の第一歩は卒業することです。焦らず、くじけず、遠くを見据えて歩み続けて下さい。

白尾 隆太郎Ryutaro Shirao

武蔵野美術大学 造形学部 通信教育課程
教授(デザイン総合コース)
課程長

1953年生まれ
東京教育大学教育学部芸術学科構成専攻卒業
勝井三雄デザイン研究室を経て’82年白尾デザイン事務所開設。武蔵野美術大学非常勤講師を経て’02年コミュニケーションデザインコース教授に着任。NTT全ネットワーク図(新聞広告)、東京書籍理科教科書デザイン、石井幹子作品集「光の創景」(リブロポート)デザイン、群馬銀行CI計画アプリケーションデザイン。日本写真家協会50年写真集(平凡社)、味の素の100年史、乃村工藝社120年史、文字の歴史館リーフレット(モリサワ)ディレクション・デザインがある。

メッセージ

デザインの課題は、構想したアイディアをイメージだけではなく実際に人に体験してもらいながら、その実効性を検証することにあります。それを何度も繰り返すことで、手法やプロセスを会得していきます。そのような教育を通して、さまざまなデザインの知識やスキルを総合した、新しいデザインの可能性を提案してほしいと思います。

通信教育課程長のメッセージを見る


上原 幸子Sachiko Uehara

武蔵野美術大学 造形学部 通信教育課程
教授(デザイン総合コース)

1959年生まれ
武蔵野美術大学造形学部視覚伝達デザイン学科卒業
広告制作会社にて、アドバタイジングデザイン、キャラクターデザイン等の制作に携わる。在学中に障害者の社会参画活動に携わったことでコミュニケーションデザインの存在に気づき、多摩川に市民主催の遊び場を立ち上げ、子ども・子育て支援と環境教育、子どもの居場所づくりなどコミュニティデザインに取り組んでいる。主な仕事に、警視庁マスコットキャラクター「ピーポくん」、鳥取県マスコットキャラクター「トリピー」、環境学習のメディア制作、ワークショップの企画運営などがある。著書:『デザインとコミュニティ』(武蔵野美術出版局・2018年)。

メッセージ

デザインは、身の廻りのあらゆる場面で必要なものです。困っていることを解決する方法を考えたり、ものごとを見やすくわかりやすくしたり、人を楽しくワクワクさせるアイディアなど、デザインの活躍の場はこれからも広がっていきます。ムサビで学び合いながら見る目と聞く耳を鍛え、デザインする楽しさを実践的に学んでいきましょう。

清水 恒平Kohei Shimizu

武蔵野美術大学 造形学部 通信教育課程
准教授(デザイン総合コース)

1976年生まれ
武蔵野美術大学造形学部基礎デザイン学科卒業
2004年に個人事務所「オフィスナイス」設立。グラフィックデザインや編集、インタラクションデザインなどを中心に活動。2012年から本学専任講師。2014年から同准教授。主な仕事: 小学生向けプログラミングプログラム「ロボット動物園」の教材デバイスや教育プログラムの制作、「認知症未来共創ハブ」「人口減少xデザイン」「MUJI HOTEL」「無印良品の家 みんなで考える住まいのかたち」「欲しかった暮らしラボ」「誕生日寄付」「インドシナ料理 アンドシノワーズ」などのウェブデザインなど。著書:「マルチメディアを考える」(武蔵野美術大学出版局・2016年)ほか。

メッセージ

技術革新や人々の働き方、暮らし方の変化によって、社会がデザインに求めるものは、どんどん変わりつつあります。デザインの役割は決して表層的なものだけではありません。まずは、既成概念にとらわれず、そのデザインの広がりを体感してください。そして、あなた自身のデザインの領域を切り拓いてください。

金子 伸二Shinji Kaneko

武蔵野美術大学 造形学部 通信教育課程
教授(芸術研究コース)

1964年生まれ
武蔵野美術短期大学専攻科生活デザイン専攻修了
上智大学大学院哲学研究科哲学専攻博士前期課程修了
1995年より本学非常勤講師、2002年より助教授、2012年より教授。専攻:生活デザイン、近代日本における造形認識の形成に関する研究。著書:(単著)『造形学概論』(2004年、武蔵野美術大学出版局)、(共著)『教養としての編集』(2009年、同前)、『ミュゼオロジーへの招待』(2015年、同前)、『ミュゼオロジーの展開』(2016年、同前)、『アートマネージメントを学ぶ』(2018年、同前)。論文:「1990年代前半の社会教育雑誌におけるワークショップ論の特徴」『武蔵野美術大学研究紀要 no.43』(2013年)、「出版物に見る帝国美術学校創立期のイメージ」同前『no.49』(2019年)。

メッセージ

自分に自信を持つことは、とても大切です。それと同時に、自己評価ほど当てにならないものもありません。一つの専攻分野を多くの、そして様々な人が学ぶ大学では、そこでの評価を通して、自分の特徴や傾向、不得手や長所が見えてきます。美術を学ぶだけでなく、自分をよりよく知ることにもつながる、それがムサビ通信です。

田村 裕Yutaka Tamura

武蔵野美術大学 造形学部 通信教育課程
教授(芸術研究コース)

1953年生まれ
武蔵野美術大学大学院造形研究科デザイン専攻基礎デザインコース修了
総合企画プロデュース会社、出版社、編集プロダクションなどで長く出版編集に携わる。1991年~2001年、本学短期大学部生活デザイン学科非常勤講師、「デザイン論演習」などを担当。2002年より本学通信教育課程非常勤講師、2010年より教授。専攻は考現学研究、編集・出版文化研究。著書に『デザインリサーチ』(2002年、共著、武蔵野美術大学出版局)、『教養としての編集』(2009年、共著、武蔵野美術大学出版局)。装丁に『大国政治の悲劇』(ジョン・J・ミアシャイマー著、2007年、五月書房)、『西洋の没落』(O・シュペングラー著、2007年、五月書房)ほか多数。

メッセージ

独自の視点で作品をとらえ、他人に伝わるように言葉を鍛えていくことは、自分を自分らしく描ける絵具と絵筆を獲得すること。「学び」の楽しさは、それによって今まで見えなかったものが少しずつ明らかになり、道筋が開かれていくことにあります。課題のやりとりや、仲間たちとの交流を通して、自らの視野と可能性を押し広げていきましょう。