スクーリングの概要

スクーリング(面接授業)とは、大学のキャンパスなどに通学し、教員との面接形式で行われる授業のことをいいます。スクーリングが設定されている科目は必ず受講しなければ単位修得に至りません。開講日程や受講条件などを考慮のうえ、各自の学習計画に沿って受講してください。

スクーリングの受講には申し込み手続きが必要です。

卒業に必要な面接授業単位

法令の定めにより、卒業に必要な単位数124単位のうち30単位以上はスクーリングで修得した単位でなければなりません(メディア授業単位は、面接授業単位として換算します)。この30単位には入学時の認定単位のうち面接授業単位として認定された単位数も含みます。

スクーリングの受講順序について

下記の科目はローマ数字の順序で受講することを推奨します。

  • 絵画I~Ⅶ
  • 日本画I~Ⅶ
  • 版画I~Ⅶ
  • プロダクトデザインⅠ・Ⅱ
  • インテリアデザインⅠ・Ⅱ
  • デザインリサーチⅠ・Ⅱ
  • グラフィックデザイン基礎Ⅰ・Ⅱ
  • 情報システム基礎Ⅰ・Ⅱ
  • イメージ編集Ⅰ・Ⅱ
  • コミュニケーション研究Ⅰ・Ⅱ

ただし、「絵画Ⅲ~Ⅴ」「日本画Ⅲ~Ⅴ」「版画Ⅲ~Ⅴ」は開講日程の都合などでローマ数字順に受講できない場合は、受講順序は問いません。なお、特例により3年次と4年次の「必修科目」を同時に履修登録している場合、その間に受講順序の指定はありません。

受講条件

スクーリングを受講できる科目は今年度に履修登録している科目のみで、同一日程で受講できるのは1科目です。同じ日程で複数の科目を申し込んだり、科目試験を受験したりすることはできません。また、すでに合格しているスクーリングを受講することもできません。
なお、スクーリングを受講するための条件として「通信課題を特定の期限日までに提出していること」「通信課題が合格していること」「他科目のスクーリングを受講済みであること」などの条件が課されている科目があります。
具体的な受講条件は月刊誌『武蔵美通信』3・4月号に掲載しますので必ず申込手続き前に確認してください。この条件を満たすことができなかった場合はスクーリングを受講することができません。

  • 受講条件を満たせずスクーリングを受講できなかった場合でも、受講料返還の対象事由に該当しないため、申込の取消及び受講料の返還はできません。

受講人数制限

スクーリング受講人数に定員のある科目があり、定員の数を超えて申込みがあった場合は抽選になります(三鷹ルームでの開講科目はすべて人数制限があります)。年度内に複数回開講される科目であってもすべて抽選漏れになる可能性もありますから、卒業や進学等に関わる単位修得にこれらの科目を見込むことは控えてください。
定員のある科目や前年度に抽選のあった科目については、『シラバス』や月刊誌『武蔵美通信』3・4月号に掲載しますので確認してください。

出席日数(欠席・遅刻・早退の取り扱い)

スクーリングの受講時間数は法令の定めにより全日程の出席が必要です。仕事の都合、病欠など事由によらず参加できなければ「欠席」となります。取消期限前に出席できないことが判明した際は、速やかに取消手続きをしてください。取消期限後の欠席については、受講料を返金できません。
成績評価の対象となるには、スクーリング受講日程の5/6以上の出席が必要です。これは「日程の1/6は欠席してもよい」ということではなく、あくまでも全日程の受講が前提となっています。また、初日の前提講義や最終日の講評など、出席が必須の時間があります。こうした時間に欠席した場合には出席要件を満たせません。
なお、欠席は半日単位で計算します。遅刻・早退は1/3日欠席として換算します。遅刻・早退・欠席の累積で5/6以上の出席が無ければ、そのスクーリング評価は不合格となり、あらためて他の日程で受講申込が必要です。

スクーリング評価の通知

スクーリングの評価は随時、科目ごとに成績処理を行います。スクーリングの開講時期ごとに、日程終了後1ヶ月を目安として「成績通知書」を送付しますので成績を確認してください。 Webを利用できる場合には「在学生の方」→「Web提出・Web手続」から個人ページにログインし、「学習状況照会」で科目ごとの評価を確認することができます。

スクーリングの申し込み方法

実施要項

1. 2018(平成30)年度開講期間

スクーリング 開講期間 受講申込・納入期間
(16:30必着)
月刊誌『武蔵美通信』
申込手続書類の同封号
受講申込
取消期限
春期第1回 4月28日(土)~
5月27日(日)
4月 2 日(月)~
4月11日(水)
4月号 4月18日(水)
春期第2回 6月 1 日(金)~
7月15日(日)
5月 2 日(水)~
5月14日(月)
5月号 5月21日(月)
夏期 7月20日(金)~
8月19日(日)
6月 1 日(金)~
6月13日(水)
6月号 6月22日(金)
秋期 9 月 7 日(金)~
10月14日(日)
7月28日(土)~
8月 8 日(水)
7+8月号 8月15日(水)
冬期第1回 10月19日(金)~
11月25日(日)
9 月25日(火)~
10月 5 日(金)
9月号 10月12日(金)
冬期第2回 11月30日(金)~
2 月3日(日)
11月 2 日(金)~
11月13日(火)
11月号 11月20日(火)
  • 「スクーリング受講申込書」と「納付金振込票」は月刊誌『武蔵美通信』に同封し、配布月の1日頃に送付します。 スクーリング受講申込を希望する方で月刊誌が到着予定日を数日過ぎても届かない場合は必ずスクーリング担当へご連絡ください。
  • 二つの期にまたがって開講する科目(前半が秋期週末スクーリング開講期間、後半が冬期第1回週末スクーリング開講期間など)の受講申込期間は 前半日程が属する期間となります。
  • 受講申込取消期限後に取消手続を行った場合は、スクーリング受講科の返還はできません。
  • 受講申込取消期限迄に取消手続を行った場合のスクーリング受講料については、取消期限の約1カ月後に返還となります。

2. 開催場所

東京会場(鷹の台キャンパス・吉祥寺校・三鷹ルーム) 一部の科目に限り、札幌・大阪・福岡

3. 開講科目・開講日程

スクーリング日程表をご覧ください。

4. 時間割

9:00~17:30(昼休み 12:45~13:45)
午前(1時限) 9:00~12:45
午後(2時限) 13:45~17:30
夜間 18:00~20:00 (一部の教職科目のみ)

  • 一部例外科目については『面接授業日程表』を確認してください。

5. スクーリング受講料

科目 実施会場 受講料
(1単位につき)
講義科目 「レポート入門Ⅱ」
「美術入門」
「デザイン入門」
「情報社会倫理論」
「情報職業論」
教職に関する科目※
吉祥寺・鷹の台・三鷹 8,000円
講義科目以外の
授業科目
上記以外の科目 吉祥寺・鷹の台・三鷹 13,000円
札幌・大阪・福岡 16,000円
  • 受講する授業科目によっては、別途教材費がかかるものがあります。
  • 教職に関する科目のうち、「教職実践演習(中・高)」は受講料13,000円、「教育実践の理論と方法(第2回)」「教育実践の理論と方法(第3回)」「介護等体験」は受講料0円です。
  • スクーリング開講科目のうち講義科目と講義科目以外の授業科目の区分は、下記のとおりです。
    講義科目
    (1)造形文化科目
       レポート入門II・美術入門・デザイン入門・情報社会倫理論・情報職業論
    (2)教職に関する科目
       教育方法・美術教育法II・美術教育法IV・工芸教育法II・情報教育法II・教育実践の理論と方法
    講義科目以外の授業科目    (1)・(2)以外の科目

Webでの申し込み手続き

Webキャンパスにログインし、「学生メニュー」内「スクーリング申請・取消」で受講したい科目を申請します。Webシステムでは申込期間内のみスクーリング受講申込を入力できるようになっています。

申し込みの手順

  1. 「スクーリング申請・取消」で受講したい科目を選択し、申請する。申込内容に誤りが無いか確かめて「処理が正常に完了しました」の表示が出るまで申込操作を行う。
    Webキャンパス操作ガイドを参照してください。
  2. 「スクーリング情報一覧」で申込内容が表示されているか確認する(表示が無ければ再度①から)。
  3. 受講料の合計金額を納入する。

申し込み時の注意事項

申込期限日の16:30までに入力操作を終え、「学生メニュー」内の「スクーリング情報一覧」で申込科目が表示されるか確認すること。パソコンの不具合やインターネット回線の混雑などによる期限後の申込には対応していません。
Webシステムの入力および受講料の納入があって申込完了となります。どちらかが欠けていると申込の受付はできません。

郵送での申し込み手続き

「スクーリング受講申込書」は月刊誌『武蔵美通信』に同封するものを使用してください。4月号~11月号に同封する予定です。

申し込みの手順

  1. 「スクーリング受講申込書」に学籍番号・氏名・連絡先を記入する。
  2. 受講したい科目(日程・クラス・種目・会場)を十分確認のうえ、○で囲み、金額欄に受講料を、合計金額欄に受講料の合計金額を記入する。控えとして申込書のコピーをとっておくこと。
  3. 受講料の合計金額を納入する。
  4. 記入内容を確認し、「スクーリング受講申込書」を申込期間最終日の16:30までに事務部に到着するよう郵送(もしくは窓口持参)する。

申し込み時の注意事項

連絡先は平日の日中に連絡が取れる電話番号などを記入すること。申込書類の不備などで事務から問合せることがあります。
受講したい科目の日程が重複しないよう注意すること。
申込期限間際の場合は速達や配達指定便などを利用するなどして確実に期間内に提出すること。
到着確認は「到着確認ハガキ」を同封するか配達記録の残る書留や特定記録郵便を利用すること。申込期間内は手続処理最中の場合もあり、電話やメールでの問合せには応じられません。

 

受講料の振り込み方法

      1. 金融機関窓口を利用する場合
        「スクーリング受講申込書」とともに送付される「納付金振込票」の太線枠内にすべて記入し、金融機関窓口で受講料の合計金額を振込んでください。
      2. ATM・ネットバンキングを利用する場合
        指定口座に受講料を振込んでください。なお、各期スクーリングごとに振込口座が異なります。口座の間違いが無いように十分注意して下さい。

振り込み時の注意事項

    • 平成29年度より「スクーリング振込受付証明書」の提出は不要となりましたが、 スクーリングを受講し終えるまで(取消をした場合は返金が完了するまで) 必ず証明書類(ATM利用明細書やネットバンキングの振込完了明細画面など)の保管をしてください。
    • 同姓同名の学生で本人確認ができないことがあります。振込人氏名として学籍番号・学生本人氏名の順に入力してください(例:A030987 ムサシノタロウ)。
    • 振込人氏名が学生本人の氏名と異なると本人確認に時間がかかります。本人名義の口座以外からは入金しないでください。
    • 振込手数料は本人負担です(みずほ銀行窓口利用時を除く)。

スクーリング日程表

下記スクーリング名をクリックすると、日程表が開きます。

2018(平成30)年度 日程表PDF

日程表のみかた

着色されている期間がスクーリング開講日程です。年間で複数回開講される科目は、いずれかの日程を受講して1度合格すれば良く、合格後は他の日程を受講する必要はありません。

各自都合の良い日程を選んで受講することができます。

なお、スクーリングを受講できる科目は今年度に履修登録している科目のみです。また、同一日程で受講できるのは1科目です。受講したい科目の日程が重複しないように工夫してください。

  1. スクーリング授業の受講期間中は全日程出席が必要です。
    3日間の授業であれば3日間とも出席しなければなりません。
  2. 複数回開講されている科目は、いずれか1つの日程を選んで受講します。
    すべての日程を受講する必要はありません。
  3. 同じ科目でも日程によって開講会場が異なる科目もありますので開講会場に注意してください。
スクーリング会場
表中の会場名 開講会場
吉祥寺 本学吉祥寺校
鷹の台 本学鷹の台キャンパス
三鷹 本学三鷹ルーム
札幌・大阪・福岡 会場は月刊誌『武蔵美通信』でお知らせします。
  1. 「……」で結ばれた日程は、合わせて1つの授業です。必ず両方の日程を受講してください。
    • 前後半いずれかを欠席し不合格となった場合は、改めて受講申込手続を行い、再度全日程の受講が必要となります。
  2. ★の科目はオンラインプラス(Web上で行う面接授業補助プログラム)を実施する科目です。詳細は『シラバス』と『学習指導書』の各科目の項を参照してください。
  3. 「am」は「午前(1時限)」、「pm」は「午後(2時限)」、記載のない科目は「午前・午後両方」の授業です。
スクーリング授業時間
表記 時間割 開講時間
記載無し 午前(1時限)・午後(2時限)両方 9:00~17:30
(昼休み12:45~13:45)
am 午前(1時限) 9:00~12:45
pm 午後(2時限) 13:45~17:30
  • 時間割は日程表上部に記載されています。一部例外科目があるため注意してください

週末スクーリングでの開講が2日間の科目と時間割

  • 情報教育法Ⅱ
  • 教職実践演習(中・高)
1日目 2日目
1時限 9:00~10:30 9:00~10:30
2時限 10:40~12:10 10:40~12:10
昼休み 12:10~13:00 12:10~13:00
3時限 13:00~14:30 13:00~14:30
4時限 14:40~16:10 14:40~15:25

週末スクーリングでの開講が1.5日間の科目と時間割

  • レポート入門II
  • コンピュータリテラシーⅠ
  • コンピュータリテラシーⅢ
  • 美術入門
  • デザイン入門
1日目 2日目
1時限 9:00~12:45 9:00~12:45
昼休み 12:45~13:45 -
2時限 13:45~17:30 -

凡例

授業日数

1.5日間・2日間・3日間・4日間または6日間

開講回数

いずれか1つの日程を選んで受講する(開講は着色されている日程)
…で結ばれた日程は、両方受講して1つの授業です。
「卒業制作」はすべて受講して1つの授業です。

  • 「生涯学習概論」は造形研究コースの選択必修科目
  • 日程は、今後変更になる場合があります。

持参物・画材販売・その他の施設

持参物

各スクーリングの際に、必要な持参物については、各学習指導書及び、月刊誌『武蔵美通信』と併せて送付する冊子、『スクーリング持参物』(4月号別冊)をご確認ください。変更などは月刊誌『武蔵美通信』にて連絡します。

  • 鷹の台キャンパスでは、画材店「世界堂武蔵野美術大学店」が営業しています(8:45~18:15)。

画材販売

吉祥寺キャンパスではスクーリング開催日に3号館1階で画材の販売を行います(販売時間 8:30~14:30ですが、変更がある場合もございます)。 販売される画材の詳細については順次ホームページでお知らせいたします。

宿泊施設

遠隔地から上京する受講生のために、大学近辺のアパート(夏期スクーリングのみ)、学生会館、ウィークリーマンション、ビジネスホテルなどを紹介します。これら宿泊施設については、順次ホームページでお知らせいたします。

春期スクーリングの宿泊施設のお知らせ

保育施設

夏期スクーリング時の保育施設利用希望者には、鷹の台キャンパス周辺の保育施設を紹介します。紹介できる保育施設は、国分寺駅周辺2ヵ所、鷹の台駅(西武国分寺線)周辺1ヵ所、小川駅(西武国分寺線)周辺1ヵ所の合計4ヵ所で、これらの保育施設を夏期スクーリング時に利用する場合、児童1人につき保育料の2分の1を、2万5,000円を上限として大学が補助(学生1人につき児童3人まで)します。

保育施設の連絡先等の詳細は月刊誌『武蔵美通信』の6月号を参照してください。