新型インフルエンザについての緊急連絡(5)

平成21年7月21日

スクーリング受講生の皆さんへ

通信教育課程長

新型インフルエンザへの対応について(注意)

東京都内では、まん延国からの帰国者だけではなく、都内での感染が疑われる新型インフルエンザの感染者数が増加しています。夏期スクーリングにあたり、受講生の皆さんは、次の点に注意してスクーリングに臨み、ひきつづき感染予防に努めてください。

1.スクーリング期間中は、登校前に必ず体温を測ってください。

2.37.5度以上の発熱、のどの痛み、鼻汁、咳などインフルエンザが疑われる症状が見られるときは、スクーリングの受講を自粛してください。かかりつけの医師がいる場合は問い合わせのうえ指示にしたがってください。かかりつけの医師がいない場合は、最寄りの保健所または「発熱相談センター」に連絡し、医療機関の紹介を受けてください。

3.登下校の際は、人混みをなるべく避けるとともに、うがい、手洗い、電車・バスの中ではマスクを着用するなど、予防対策の徹底に努めてください。

4.教室に入る前には、建物入口や各階の水場に置いてある消毒液、石鹸などを使い、手洗いを励行してください。

5.スクーリングの授業中に発熱や咳などの症状を自覚した場合、速やかに担当教員に申し出てください。

6.スクーリング期間中は、担当教員、事務局職員が、感染予防のためにマスクを着用することがあります。

7.都内での感染が拡大したときは、文科省あるいは東京都の要請によりスクーリングを中止することがあります。その際はホームページを通じて連絡しますので、最新情報に注意してください。

以  上