通信だから、いつでもはじめられる。ムサビだから やりたい にこたえてくれる。
1
ムサビ通信の特徴
通信で学べる、武蔵野美術大学の造形教育
2
ムサビ通信で学べること
学びたい・知りたいことがここにある。充実の学科・コース
3
ムサビ通信のエピソード
学びの数だけある「わたしとムサビ」のストーリー
星 記男さん
油絵学科 絵画コース
絵を描くことは、人生そのもの。 少年時代からの夢を、退職後に実現!
高校時代に美術の先生から「美術大学を目指してみないか」と勧められたものの工学系の大学に進み、卒業後は技術者としての仕事に没頭していました。だから退職したときは「よし、これで思う存分絵がかけるぞ」と思って、さっそくムサビの通信教育課程に進んだのです。
工学部の卒業資格を持っていたので2年次に編入することができ、3年間で4年次に進級できました。絵を描くということは、わたしにとって人生そのもの。今では、刺激的で楽しく奥が深い絵画の世界を満喫しています。
抽象表現への開眼は大きかった。たとえばデッサンに関しても、リアリズムにのっとりフォルムを再現的に描くのではなく"身体の動き"そのものをキャンバスに定着させる等、絵画ならではの空間をいかに構築するかに惹かれました。
大野 千佳さん
芸術文化学科 造形研究コース
東京と松山 二つの拠点の相乗効果
地元愛媛からムサビを選んだ理由は、「しっかりした足場を作りたい」という思いからでした。
地元で足を使いながら、頭はいつもムサビとつながっている。東京の美大で学んでいるという充実感は何事にも代えがたい貴重な日々でした。
先生との会話、友人たちとの情報交換など、年に数回あるスクーリングは、地元愛媛で働く私にとって、とても大事な栄養源になりました。
松山 裕一さん
油絵学科 版画コース
美術の専門領域はもちろん、哲学などが学べることも大きな魅力
デザイン事務所を主宰して仕事に意欲を燃やす一方、"個人としての表現も追及したい"という想いでムサビの版画コースに編入。現在は「微細なCG加工の下絵を版画としてどう表現するか」という難題に挑戦しています。2年間での卒業も可能ですが、ぼくは4、5年かけてじっくり勉強する計画。自分に最適なプログラムが組めるものムサビの特長ですね。
また版画制作などの専門領域以外に、哲学とか物理学なんかが勉強できるのもイイ。知的好奇心を大いに満足させていますよ。
最初に提出した「相対性理論」のレポート。ぼくの理解不足から不合格だったんです。しかしどこがダメかをきちんと指摘し、参考文献もリストアップしてくれて。
版画とは関係ない領域でも、採点は厳しく指導は丁寧。ムサビは違いますね。
川又 志津さん
工業工芸デザイン学科生活環境デザインコース
「これだ、私のやりたかったことは!」
国立大学卒業後、仕事とは別に創作活動をしていましたが、もっと物を作りたいという欲求が私をムサビに導いてくれました。
プレッシャーはありますが、出会いに満ちたムサビで作家としての一歩を踏み出せて幸せです。
一本の糸から、たっぷりした質感のある布が出来上がっていく感動。
"織り"の授業を受け、「これこそ私のやりたかったこと」だと電流が走ったような衝撃の出会いでした。
4
あなたにぴったりのはじめかた、あります。
希望に合わせて、選べる4つのアプローチ