書類の書き方

科目等履修生

(書類番号は募集要項本体に掲載しています)

書類番号9・10・11

志願書・登録簿(保証書)【表面】
履修登録科目記入欄・学生調査書(学生調査書は一般、特修生のみ)【裏面】

種類別に書類番号が異なりますので注意してください。あらかじめ裏面の履修登録科目記入欄に登録希望科目を記入してください。本人自筆のものに限ります。表面に写真を貼付すること。保証書には本人が成年、未成年にかかわらず、保証人(成人で父母・配偶者等身元の確実な方)自筆の署名と捺印が必要です。

※写真1枚
3㎝×3㎝・3ヶ月以内に撮影・脱帽・背景なし・正面上半身。スナップ写真・家庭用プリンターにて出力したものは不可。写真の裏面に氏名を記入のうえ、志願書・登録簿に貼付してください。

書類番号2

健康診断書
検査項目がすべて検査できる医療機関で出願前1年以内に受診してください。
学校・企業等で、1年以内に定期的に診断を受け、本学が求める検査項目(視力・聴力・胸部X線等)が満たされている場合は、当該学校・企業等発行の健康診断結果報告書等(原本)を提出することができます。なお、胸部X線検査は高等学校以上では第一学年に対象者が限定されているため、1年以内に健康診断を受けていれば、本学の求める検査項目を満たしていなくても、高等学校等で発行された生徒健康診断票等(原本)を提出することができます。
ただし、原本が提出できない場合には産業医等の「原本に相違ない」の一筆、捺印があればそれを原本として提出することができます。

書類番号3

誓約書
『募集要項』20ページの「著作権等の取り扱いについて」をよく読んだうえで、署名・捺印のこと。志願者本人が未成年の場合は、保護者の署名・捺印も必要です。

書類番号13

納付金振込票【科目等履修生用】(薄青色)
「振込人」には志願者本人の氏名、「金額」には新規の方は10,000円、継続の方は40,000円と記入し、出願前に最寄りの銀行窓口で振り込んでください。大学からは改めて領収書を発行しませんので、「振込金領収書(本人用)」を大切に保管してください。

書類番号5

志願書類受理通知(ハガキ)
住所・氏名を記入、52円分の切手を貼付のこと。(このハガキにて不足書類の有無をお知らせします。不足書類がある場合には、書類選考は一時保留となり、不足書類が揃い次第、選考を再開します)。

書類番号6

受講証送付用封筒
住所・氏名を記入、簡易書留392円分(継続の場合は82円分)の切手を貼付のこと。のり付けは行わないでください。

書類番号7

出願用封筒
裏面にある出願書類チェック欄をよく確認してください。

書類番号12

在職証明及び推薦書【表面】
学生調査書【裏面】

本学指定様式に本務校で記載等を受けてください。裏面の学生調査書については、継続の方は記入不要です。

書類番号15

身体等の状況連絡票
こちらの「身体等の状況連絡票」(『募集要項』書類番号15)の提出をご参照下さい。

受講資格を証明する書類等

・高等学校等の卒業証明書、高等学校卒業程度認定試験(旧大学入試資格試験検定)合格証明書または身分証明書(健康保険証または運転免許証等のコピー)
本学入学後に、科目等履修生として修得した単位の認定を受ける方は、高等学校の卒業証明書または高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)合格証明書等の大学入学資格を証明する書類が必要です。登録時に証明書の提出がない場合、単位の認定はできません。なお、証明書の氏名と現在の氏名(姓または名)が異なる場合は、改姓または改名の確認ができる公的書類(原本)を併せて提出してください。

・住民票
日本に在住する外国籍の方のみ。