2年次編入学(美術・デザイン系の大学・短期大学で単位を修得した方の場合) 卒業に必要な単位数と単位認定について

卒業に必要な単位

卒業に必要な単位は124単位です(内訳は下表参照)。ただし、編入学資格をもつ方や、既修得単位認定を行った場合は卒業までに修得しなければならない単位数が異なってきます。下記の「既修得単位の認定」を参考に下表で確認してください。

造形文化科目
50単位以上
造形総合科目
24単位以上
造形専門科目
24単位以上
(卒業制作を含む)
造形文化科目・
造形総合科目・
造形専門科目・
教職・博物館に関する科目
(いずれ科目区分より26単位以上)

既修得単位認定

本学への入学以前に日本の大学・短期大学等において修得している単位がある場合は、すでに修得した単位を認定し、卒業に必要な単位に含めることができます。単位の認定を希望する場合は、単位を修得した大学等の成績証明書(単位数が記載されているもの)を提出してください。 なお、既修得単位の認定は、入学・編入学時以外は行いません。また、入学後他大学等の科目等履修生として修得した単位の認定も行いません。

入学年次 最終学歴等 認定する単位
造形文化科目
として
造形総合科目
として
合計
2年次編入学 2年次編入学資格を満たす方のうち、美術・デザイン系の大学・短期大学で単位を修得した方 20単位 10〜18単位 38単位まで

卒業までの単位数の目安

2年次編入学資格を満たす方のうち、美術・デザイン系の大学・短期大学で単位を修得した方の場合

入学年次 卒業に必要な単位数 既修得単位認定数 入学後の要卒業単位数
造形文化科目 50単位 20単位 30単位
造形総合科目 24単位 10〜18単位 6〜14単位
造形専門科目 24単位 24単位
造形文化科目・
造形総合科目・
造形専門科目・
教職・博物館に関する科目
26単位 0単位 26単位
合 計(単位数) 124単位 30〜38単位 89〜94単位(修業年限3年)

※卒業所要単位として、スクーリング(面接授業)による単位数が30単位以上必要です(遠隔授業10単位以内を含むことも可)。
注意:既修得単位認定数はその人によって異なります。個別の詳しい既修得単位認定数は通信教育チーム担当者までお問い合わせ下さい。