入学・編入学の資格

学生

1年次入学
高等学校又は中等教育学校を卒業した方
(平成29年3月に卒業見込の方を含む)
外国において、学校教育における12年の課程を修了した方
(平成29年3月31日までに修了見込の方を含む)、またはこれに準ずる方で、文部科学大臣の指定した方
文部科学大臣の指定した方
文部科学大臣が高等学校の課程と同等の課程を有するものと認定した在外教育施設の当該課程を修了した方
(平成29年3月31日までに修了見込の方を含む)
通常の課程による12年の学校教育を修了した方
(平成29年3月に修了見込の方を含む)
専修学校の高等課程(修業年限が3年以上あること、その他の文部科学大臣が定める基準を満たす方に限る)で
文部科学大臣が別に指定するものを文部科学大臣が定める日以後に修了した方
高等学校卒業程度認定試験規則により、文部科学大臣の行う高等学校卒業程度認定試験(旧大学入学資格検定)に合格した方
(平成29年3月31日までに合格見込の方を含む)
本学において相当の年齢に達し、高等学校を卒業した方と同等以上の学力があると認めた方
(平成29年3月31日までにこれに該当する見込の方を含む)
2年次編入学 3年次編入学
学士の学位を有する方
(平成29年3月に取得見込の方を含む)
2年次編入学(左記)の条件を満たし、かつ美術・デザイン系の場合
短期大学を卒業した方
(平成29年3月に卒業見込の方を含む)
高等専門学校を卒業した方
(平成29年3月に卒業見込の方を含む)
大学(短期大学を除く)において1年以上在籍し、その間に30単位以上を修得した方
(平成29年3月に修得見込の方を含む)
美術・デザイン系の大学(短期大学は除く)において2年以上在籍し、その間に62単位以上を修得した方
(平成29年3月に修得見込の方を含む)
外国において学校教育における13年以上の課程を修了した方 外国において学校教育(美術・デザイン系)における、14年以上の課程を修了した方
学校教育法施行規則附則第7条の規定により、大学の2年次に編入学することができる方 左記の規定により、大学の3年次に編入学することができる方(美術・デザイン系
専修学校の専門課程のうち、文部科学大臣の定める基準を満たすものを修了した方(平成28年3月に修了見込の方を含む)で学校教育法第90条に規定された大学入学資格を有する方 2年次編入学(左記)の条件を満たし、かつ、美術・デザイン系の場合
高等学校の専攻科の課程(修業年限が2年以上であることその他文部科学大臣の定める基準を満たすものに限る)を修了した方(平成29年3月に修了見込の方を含む)で学校教育法第90条に規定された大学入学資格を有する方

※芸術文化学科(文化支援コース・造形研究コース)については、美術・デザイン系以外の大学・短期大学・高等専門学校等を卒業した方でも、入学選考の上、3年次編入学が認められます。また、デザイン情報学科のデザインシステムコースについては、情報系の大学・短期大学・高等専門学校等を卒業した方でも、入学選考の上、3年次編入学が認められます。編入学の正式な可否については、入学志願書類として、大学・短期大学・専修学校専門課程(専門学校)等の卒業証明書・成績証明書および編入学基礎資格証明書を提出いただいたうえで判断しますので、あらかじめご了承ください。美術・デザイン系の学校で単位を修得し、上記の編入学条件を満たしていても、編入学希望コースと異なる専攻内容の場合、2年次編入となることがあります。なお、3年次に履修する科目は高度な技術・知識を必要とするため、3年次編入学した場合でも、2年間では卒業できず、3年以上かかる場合があります。