学習計画

学習計画について

通信教育の一つの特徴として、学習の進め方を各自で決められることがあげられます。履修によって授業の時間割が決まることがないため、各自のスケジュールに合わせて無理なく学習に取り組むことができます。 
しかしながら、自由度が高い分、能動的に取り組まなければ、学習を進めることができないため、空いた時間を学習に充てるのではなく、長期的な学習計画に従った取り組みが求められます。

計画を立てる時のポイントは、 
・予めスケジュールや開催日が定められているスクーリングや科目試験は、その日程で受講・受験しなければ、単位が修得できなくなるため、その受講・受験を優先した計画を立てる。 
・通信課題はスクーリングの受講条件や科目試験の受験資格となる課題の取り組みを優先した計画を立てる。 
・スクーリングの受講条件や科目試験の受験資格とならない、また提出期限が決められていない課題は余裕のある時期に行うように計画を立てる。 
ことが挙げられます。

1.学習指導書で各科目の概要、課題の内容を把握する

単位修得までの流れを把握する
個々の科目は通信課題・面接授業・遠隔授業・科目試験により構成され、科目によりその構成は異なります。そのため学習計画を立てるために、科目ごとに科目構成とその内容、そして構成要素ごとに学習順序が定められているかを学習指導書で確認します。

2.各科目の学習予定を立てる

各科目のスクーリング受講や科目試験の受験日を決める
スクーリングや科目試験は日程や開催回数が予め定められているため、その限られたなかで受講・受験ができなければ単位修得は見込めなくなります。そのためスクーリング受講日や科目試験受験日を最初に決定します。

スクーリング

同じ科目で複数回開講される場合は、全ての回を受講する必要はありません。そのため科目同士で受講日程が重複しないように各科目の受講日程を決めます。また、他科目のスクーリング受講を受講条件としている科目もありますので、その場合はその条件を考慮したうえで、受講日程を選択しなければなりません。

科目試験

科目試験は年6回、各回とも5時限の時間割で開催されます。科目ごとに受験資格を満たした後受験し、合格すればその後は受験する必要はありません。ただし1時限内で複数科目の試験を同時に行うため、同日の同時限には1科目のみの受験となります。そのため同時限に科目試験が行われる科目を履修した場合は、それぞれの科目を何回目の受験日に受験するかを決めます。

スクーリング受講日や科目試験受験日に合わせ、通信課題の学習予定を立てる
スクーリングの中には通信課題の事前提出や合格が受講の条件となっている科目があります。そのため受講条件を満たせるように、通信課題の取り組みをスケジューリングします。
また、科目試験の受験資格を得るためには、受験を希望する科目につき、すべての課題のレポートが各回ごとに定められた提出期限までに受理され、合格または添削中であることが必要であるため、それに合わせ通信課題に取り組むスケジュールを決定します。

通信課題に取り組むスケジュールを決める際には、その科目の全ての通信課題を何回に分けて提出するかを把握します。複数回に分けて提出しなければならない場合、2回目以降の提出は、その前に提出した課題が
・合格した後
もしくは
・受付後30日を経過しても合否が決していない場合
でなければ行えません。1つの通信課題の学習時期を1ヶ月とすると
最終的な課題提出予定日から30日×提出回数の日数遡った時期が学習開始時期になります。


同時提出ができない通信課題が2課題あり、最終レポート提出〆切日が6月15日に定められた科目試験を受験しようとする場合

gksy_kikk

3.全科目の学習スケジュールを通覧する

全ての科目の学習スケジュールをまとめ、調整を行う
科目別に立てた全ての学習スケジュールをまとめ、学習予定が集中している時期がないかを確認します。集中しすぎる時期があれば、予定を分散し、負荷を軽減させるために再度科目別に学習スケジュールを検討・変更します。変更する際、履修科目の選択時と同様、単位修得の優先順位も必修科目→コース指定科目(1・2年次生のみ)→選択科目となるため、優先順位の低い科目からスケジュールを変更すると良いでしょう。