木工基礎実習I

2単位[面接授業2単位]

木の加工の原初的手法である鑿、鉋などを使用した手彫りによる制作を通して、木が繊維素材であることを理解する。また、刃物を使い木の塊を削り出すことで、木の温かさ、硬さ、など木材の性質を知る。

なお、この科目は平成25年度まで開設された「工芸Ⅲ」の素材別木工クラスと同一の内容である。