テキスタイル基礎実習II

2単位[面接授業2単位]

テキスタイルの基礎技術である、フェルトの制作をとおして繊維の縮じゅうの研究を行う。ローケチ技法による表現をとおして、天平の三纈(さんけち)の歴史を学ぶ。繊維の縮じゅうの特徴からのフェルト研究、天平の三纈(さんけち)のうちローケチ表現を各3日単位で行う。

なお、この科目は平成25年度まで開設された「工芸Ⅳ」の素材別テキスタイルクラスと同一の内容である。