日本画材料学

2単位[通信授業2単位]

日本画といわれる領域においては、なじみのない言葉が多くある。また特異な言葉もさまざま存在する。そういった用語の意味の深さを知ることで、文化の重みや特色も感じることができる。この科目は、制作を通してではなく、古来、使われ続けている群青、白緑等さまざまな用語を取り上げ、それらの体系的な解説をもとに知識を深め、日本画の用具、用材から和紙、絹、板、漆喰などさまざまな描画材に関わる種類の体系を学ぶことを目的とする。