日本美術史

2単位[通信授業2単位]

生活の中で根付き、育まれてきた日本の造形の歴史を、絵画作品を中心に彫刻や工芸にも触れる。
造形作品には常にそれぞれ固有の価値があると共に、製作者の存在や受容者の意識、社会的な機能・用途があり、さらにそれを生み出した時代的、文化的な背景をめぐる問題がある。複数の視点から作品をじっくりみつめ、日本の造形文化を深く理解したい。