金工基礎実習II

2単位[面接授業2単位]

金属が高温で液状化する特性を理解し、金工制作の基本のひとつである鋳造技術を、低融点合金の石膏型鋳造によるペーパーウエイトの制作を通して習得する。一連の作業の中で原型作り、石膏の型取り、金属の流し込み、等の鋳造の基本概念を理解する。

なお、この科目は平成25年度まで開設された「工芸Ⅳ」の素材別金工クラスと同一の内容である。