映像メディア表現I

2単位[通信授業2単位]

映像とは、写真、スライド、映画、テレビ、ビデオなどを中心とした、比較的新しい表現方法であり、また、伝達媒体、メッセージ、言語という側面も持っている。その記録性、再現性、訴求力の高さ、直接性、現実性など、他の表現媒体とは全く異なるものである。この科目では、映画、テレビ、ビデオなどの動的映像設計を主体とした表現について、その歴史をひもとき、特徴を知った上で、映像制作過程を丁寧に演習し、作品の構成のプロセスを学ぶ。