デッサン研究

2単位[通信授業1単位/面接授業1単位]

デッサンとは、物の形をなぞるだけではなく対象の存在と描く側の存在との関係の中で、感覚的な受容と知的な分析を通して行う総合的創造作用である。自分自身を投影できるモチーフを選び、観察し追究することで自分自身を再発見する。さらに人間の体を生動する一つの生命体として捉え、新たな人体表現の可能性を学ぶ。