ブックバインディング

2単位[面接授業2単位]

日本に洋式製本が導入されたのは西洋で機械製本に移行する時期だったこともあり、本格手製本の導入が看過された。しかし本のかたちを生み出す構造と、本のもつ機能を認識することは重要で、特に編集デザインや司書など書物にかかわる職業では「もの」としての本について理解することは制作や保存修復を考えるうえで大切である。ここでは造本構造を体で捉え、同時に紙という素材の特性を理解する。また表現手段としての「本」の可能性を探る機会でもある。