媒体組成研究

3単位[通信授業2単位/面接授業1単位]

造形芸術における「媒体」の意味

芸術文化とりわけ造形芸術は、材料やその使用技法という物質的な要素を抜きに存在しえない。ここでは、造形芸術におけるこうした物質的要素を、記録や伝達、表現といった機能を個別的な作品として成立させる媒体としてとらえ、その時代的・地域的な特性や、例えば絵画における壁画・タブロー・挿絵等といった媒体の形式と美術館・印刷物・映像等による作品の鑑賞・受容のあり方とのかかわりを把握することをとおして、造形芸術に対するより深い理解を獲得する。

通信授業課題1

用語注釈の制作

通信授業課題2

参考図版の制作

面接授業課題

メディアとしての書物

baitaisoseikenkyu1-1

通信授業課題
[参考図版の制作]

baitaisoseikenkyu1-2

通信授業課題
[参考図版の制作]