武川洋/時間の形

d09_takekawa

「時間を可視化することは可能なのか」という疑問から今回の作品に至りました。時間の経過によって起こるモノの変化を可視化することで、普段私たちが「想像はできるけれども直接視認することは出来ないモノ」の形を表現しようと思いました。

| 2009年度