住貞美枝子/知の記憶 Radical Layout System -偏旁冠脚の構造を用いてカタチから新しい漢字をつくる-【優秀賞】

d09_sumisadab

白い円形のテーブルに漢字の部首167文字が浮遊している。部首を選んで指で弾き、その先にある別の部首と衝突させることで漢字を生成させるという仕組みである。作品を知識の泉に見立て、円形のテーブルで人の集まりやすさを考慮した。

| 2009年度