毛利英和/疑視点 当たり前を疑ってみる

c_mourib

誰もがいつも利用している坂を、ほんの少し違った視点で見ることで、いつもと違う光景を感じることができました。一年間、坂を観察し続け、この小さな発見をしたときのワクワク感は今でも忘れられません。

| 2008年度