三木 剛/SOUZOU Pavilion

Copyright,

人は誰しも人へと伝えたい「想い」がある。その想いがこぼれ落ちたとき、それはどのような形となって現れるのであろう。そしてその現れた空間は、他者に対してどのような関係を築くであろう。そんな興味から始まった一滴の雫は細波立つように、あなたの心に届くだろうか。

| 2008年度