有永宮子/One’s world

c12_arinaga

自分自身が人見知りなこともあり、ゲームで楽しく遊びながらコミュニケーションが取れる新しいボードゲームが作れないかと考えました。

| 2011年度