飴村菜穂/Integration

17sk_amemura

分厚いコンクリートの防潮堤を取り払い、私と海をつなぐ建物(造形)は、時には波を、時には風を感じさせ、私と海をひとつにする。

| 2016年度