授業の構成と流れ

造形文化科目、造形総合科目、
造形専門科目の3つがベース。

授業科目は、広範な理論を学ぶ「造形文化科目」、造形各分野の基本を網羅した「造形総合科目」、学科・コースごとに専門性を深める「造形専門科目」によって構成されています。それぞれに必要とされる単位数が決められ、総合的な学習に取り組みます。
また、教員免許状、博物館・美術館の学芸員資格を取得するための教職・博物館に関する科目が開設されています。
授業形態は、自宅学習を積んでレポートや作品を提出し、添削を受ける通信授業、大学のキャンパス等で直接、教員から指導を受ける面接授業(スクーリング)があり、一部、オンラインによるメディア授業も行われます。通信授業+面接授業など、二つの授業形態の組み合わせで構成されている授業も多くあります。

造形文化科目

さまざまな学問分野と造形をつなぐ授業科目群です。人文科学、社会科学、自然科学の諸学問分野の基礎的、応用的授業科目に加え、外国語、健康やスポーツ等に関する科目も網羅し、さらに造形分野の理論科目など多彩な科目が開設されます。

造形総合科目

美術、デザインを問わず、あらゆる造形分野に共通する基本的・総合的な能力を習得するための授業科目が網羅され、コンピュータやマルチメディア関連など、今日的な情報環境に関する科目も多数開講されます。必修科目の「造形基礎IーIV」で基本をつかみ、これを軸に選択科目を自由に選択し、受講します。

造形専門科目

3、4年次の「専門課程」の4学科・9コースに開設される授業科目です。各学科ごとに必要とされる基礎的な知識や表現能力を身につける「学科共通科目」、それぞれのコースの専門性を深めていく「コース別必修科目」があります。卒業を前に全員が取り組む「卒業制作」もこれに含まれます。

授業構成

通信教育の授業形態は、主に通信授業と面接授業があり、理論科目を中心に通信授業だけで行う科目と、実技科目を中心に通信授業と面接授業の両輪で進められる科目があります。ムサビ通信は、添削指導や効果的なスクーリングのノウハウを蓄積するとともに、Web環境を活用したプログラムの開発など、学びやすさと高度な学習効果を両立させるよりよい学びの環境を整えています。

通信授業

充実した教材ときめ細かな添削指導

メインの教材は、本学教員を中心に第一線で活躍する美術家や研究者が執筆した教科書。各授業科目には、課題や学習方法を詳しく解説した学習指導書が用意されています。 これを指針に各自のペースで学習を進め、 課題のレポートや作品を提出、担当教員によるきめ細かな添削指導を受けます。

インターネットの活用

レポートの課題と提出・添削は郵便とインターネットによって行われます。履修登録などの各種手続きや修得単位の確認などにもオンラインシステムが活用できます。なお、インターネット初心者も「コンピュータリテラシーⅠ・Ⅱ」を受講することにより、ネット環境の幅広い活用法を学ぶことができます。

技術などの習得をサポートする「造形ファイル」

造形表現における素材や道具、技法などの理解と習得をサポートするために、豊富な動画や静止画、追加情報などが大学のWebページ上に掲載され、多くの学生に活用されています。

造形ファイル
http://zokeifile.musabi.ac.jp/

面接授業(スクーリング)

フェイス・トゥ・フェイスの直接指導

教員からフェイス・トゥ・フェイスで指導を受ける面接授業(スクーリング)。7月下旬から8月の夏期スクーリングのほか、4月から7月の春期週末スクーリング、9月から10月の秋期週末スクーリング、10月末から1月の冬期スクーリング(会場は鷹の台キャンパス、吉祥寺校、三鷹ルーム) の4つのブロックに分かれています。学生の皆さんは、それぞれの仕事や生活のスケジュールに合わせて無理のない時と場所を選び、成果をあげています。

夏期スクーリングのバックアップ体制

鷹の台キャンパスで開催される夏期スクーリングでは、多くの科目が開講され、担当教員はじめ、大学の多くの教員から指導を受けます。授業は原則として午前9時から午後5時半まで。大学では、大学周辺の宿泊施設の紹介、お子さんを預ける保育施設の紹介と保育料の補助などを行っています。

地方週末スクーリングと

全国10会場で科目試験

造形総合科目の「造形基礎Ⅱ・Ⅲ」、油絵学科の共通科目「絵画表現Ⅰ・Ⅱ」および絵画コースの専門科目については、札幌、大阪、福岡の3都市でも週末スクーリングを実施しています。
また、単位修得のための科目試験(筆記試験)は、札幌、仙台、東京、横浜、名古屋、 大阪、広島、福岡、鹿児島、沖縄の10会場で年6回、日曜・祝日に実施しています。

メディア授業

Webを利用した双方向授業

通学することなく、面接授業と同じように、密接な双方向のコミュニケーションをWeb上で実現し、高い教育効果をあげることが可能なメディア授業。平成30年度から2科目(レポート入門Ⅰ・カメラリテラシー)で開講されます。時間的・地域的制約を超えて学ぶことにより、よりスムーズな学習が期待できます。

修了試験もWeb上で可能に

メディア授業では、科目の修了試験もWeb上で受験することになります。100%オンラインで完結する授業科目です。

オンラインプラス

面接授業の学習効果を高める補助プログラム

面接授業(スクーリング)は、学生・教員の双方にとって、学習効果をあげる貴重な機会です。
その学習効果をさらにアップさせるのが、オンライン上の補助プログラム「オンラインプラス」です。
面接授業の学習をより深く確実なものするために、多くの学生が積極的に取り組むことを期待します。

3つのプログラムで構成

オンラインプラスには、面接授業前に実施する「準備」、面接授業の前半と後半の間に実施する「中間」、面接授業受講後に実施される「結果」の3つの種類があり、科目によって実施方法が異なります。

面接授業をしっかりサポート

[準備]では、面接授業を受講するための事前の準備や課題の説明、 [中間]では、課題の途中経過を共有することによって学習の深化を図ります。
さらに[結果]では、意見交換や教員のコメントなどを通して授業の成果を振り返ります。

視聴はパソコン、スマートフォン、タブレットで

オンラインプラスは、いずれもパソコン、スマートフォン、タブレットなどを使い、 配信期間内の自由な時間にアクセスし、視聴(受講)することができます。

単位について

単位の修得

専門課程への進学には62単位、卒業には124単位が必要とされ、それぞれに必要とされる「造形文化科目」、「造形総合科目」、「造形専門科目」の単位数が定められています。1年間に学習できる単位の上限は40単位(資格関連の科目を除く)。年度始めに履修登録し、単位の修得を目指します。

1年次入学、2年次編入学、3年次編入学それぞれに、卒業に要する修業年数が定められていますが、これを超えて所定の範囲内で在学年数を延長することができます。 また、「造形文化科目」、「造形総合科目」は、どの年次でも学ぶことができるなど、自由度の高い履修システムなので、個々の条件に合わせて履修計画を立てることができます。

専門課程(3年次)への進学に必要な単位

総合課程から3年次の専門課程へ進学するためには、造形文化科目20単位、造形総合科目20単位、造形文化・造形総合いずれの科目で22単位以上、合計62単位以上を修得する必要があります。なお、造形総合科目の単位には「必修科目」である「造形基礎Ⅰ〜Ⅳ」、および、進学を希望する学科の「学科コース指定科目」を履修した単位が含まれていなければなりません。

卒業に必要な単位

卒業には124単位以上(面接授業の30単位を含む)の修得が必要です。内訳は造形文化科目50単位、造形総合科目24単位、造形専門科目24単位、その他、以上の3つの科目区分および教職科目、学芸員科目から26単位以上です。なお、造形専門科目の単位には、学科ごとの必修科目、コースごとの選択必修科目、卒業制作が含まれていなければなりません。

入学から卒業までの履修単位

  • 造形文化科目、および造形総合科目は、原則として年次の指定がなく、自由に選択することができます。
  • 3、4年次では、自分のコース以外の専門科目も選択することができます(「学科コース指定科目」の単位修得が必要)。
  • 年間の履修登録単位数の上限は40単位です。