工芸工業デザイン学科 スペースデザイン
コース

大切なのはイメージの具体化。
自由な発想から、形、光、素材などを構成していく。

暮らす、モノを売り買いする、人が集まる、何かを演ずる──。本コースでは、多様な空間を対象に、その目的を達成するための空間のプランニングについて学びます。まず製図法などを含む基本的な設計技術をすべての学生が習得します。そして、住空間、都市空間、舞台やTVなどの演出空間の3つの領域に大別された空間のプランニングやデザインに取り組み、自分のテーマを絞り込んでいきます。

スペースデザインで重要なのはイメージの具体化ということ。自由な発想で空間のイメージを描き、形や光、素材などをイメージに合わせて構成していくのです。自分なりの思い、世界観を大切にしながら、それぞれの課題に取り組んでほしいと思います。

スペースデザインコースの卒業制作作品をご紹介。

「隙間が導く共有空間―吉祥寺大正通り―」
2016年度卒業制作

職住が共存する街の特性を活かし、新しい魅力を創造する

吉祥寺商店街の原型を色濃く残した大正通り。
街をくまなく歩き、店舗のファサードをスケッチし、
街の魅力と問題点を抽出した。
計画の骨子は、直線的な動線である建物の隙間を回遊可能な路地に変換し、
その先に地域住民や観光客の交流空間を創出すること。
住空間と商空間、プライベートとパブリック、
懐かしさと新しさが共存する活気ある街づくりへの提案。

吉田 隼人

工芸工業デザイン学科 スペースデザインコース 2016年度卒業

「隙き間 PROJECT」
2015年度卒業制作

「隙き間」に映り込んでいる日々の営み

建物と建物のあいだ、「隙き間」は
見逃された場所、気の緩んだところ、
あるいは、歴史が刻まれることのない完璧な無の空間。
その隙き間に、あえて時間を引き込んでみる。
すると、そこには日々繰り返される営み、
日常の機微がしっかり映り込んでいることに気づく。

三谷 佐紀

工芸工業デザイン学科 スペースデザインコース 2015年度卒業

スペースデザインコースの学習領域

住空間

人が暮らすための最も基本的な空間の単位で、気候風土や文化による多様性など、スペースデザイン全般に関わる問題を含んでいます。身近な空間を再考することは、空間のもつ意味や仕組み、機能を把握するうえでもきわめて有効です。

都市空間

商業施設や文化施設など多くの人が関わる空間を公共空間として括り、プランニングの方法論を学びます。人と空間との調和的な関係、光による演出、人とモノとの関係を組み替えていくための新しいスタイルや形状などを追求します。

演出空間

舞台空間、TV美術、イベントのための空間など、現実とは異なる虚構の世界を演出空間として捉え、限られた時間だけに存在する仮設的な空間の設計手法を学びます。

スペースデザインコースの科目をピックアップ。

身近な商空間のデザイン─我々の暮らしのシーンをイメージし制作意図を反映した商空間を作りあげる

インテリアデザインⅠ(1・2年次)身近な空間デザイン

空間とは、そこに暮らす人、使う人、感じる人、すべての人の行為があって初めて空間として認識されるものです。
ここでは、我々の暮らしの起点となる身近な空間のデザインを通して、空間とは、機能とは、表現とはという空間デザインとの向き合い方、考え方を体験を通して学びます。

  • 住空間のリサーチ(通信授業課題)
  • 空間製図とイメージスケッチ(通信授業課題)
  • 身近な空間デザイン(面接授業課題)
イメージの具体化─音楽情報を視覚化、立体化することで、空間のイメージを具体化するプロセスを学ぶ

スペースデザイン論(3年次)空間イメージの具体化

すでに機能している空間であっても、そこにはより多様な機能、新たな空間の概念、表現の可能性が潜んでいる。
それらを探り出す手法や感性を養い、イメージを具体化するプロセスを身につける。

  • 地域の空間リサーチ(通信授業課題)
  • デザインプランの提案(面接授業課題)
  • イメージの具体化(面接授業課題)
照明設計の基本実習、光と造形の実習─光と影の多様な表現方法を学習し、造形物と光と影によって演出された空間を創出する

空間設計Ⅱ(4年次)光と造形

公共空間においては、光が空間の表情に大きく作用する。
空間の構造や機能と光の関係を分析し、地域や文化の特性を活かした光と造形のプランニングの方法を探る。

  • 照明設計の基本実習、光と造形の実習(面接授業課題)
  • 新しい公共空間の提案とコンセプトモデルの制作(面接授業課題)
  • 公共空間における光と空間のリサーチ(通信授業課題)

スペースデザインコースの履修モデル

1年次

造形基礎Ⅰ
造形基礎ⅠⅠ
造形基礎ⅠⅠⅠ
造形基礎ⅠV
インテリアデザインⅠ
デッサンⅠ
デッサンⅠⅠ
映像メディア表現Ⅰ
図法製図Ⅰ

2年次

インテリアデザインⅡ
イラストレーション
ファッションデザイン
デザインⅠ
タイポグラフィ
図法製図Ⅱ
工芸Ⅰ

3年次

絵本
パッケージデザイン
映像メディア表現Ⅱ
工芸工業デザイン基礎Ⅰ
工芸工業デザイン基礎Ⅱ
スペースデザイン論

4年次

空間設計Ⅰ
空間設計Ⅱ
スペースデザイン研究
卒業制作

  • は必修科目
  • 上記のほかに、造形文化科目(自由選択)を卒業までに50単位(内20単位は1・2年次に)修得する。
  • 製図に関する知識・技術が必要とされる領域である。その習得のためには、3年次編入学生でも、「インテリアデザインⅠ・Ⅱ」と「図法製図Ⅰ・Ⅱ」を履修することが望ましい。

スペースデザインコースのスクーリング。
教員や仲間との交流がよい刺激に。

インテリアデザインⅠ

スペースデザイン論

スペースデザイン研究

スペースデザインコースの4年間の学費例をシミュレーション。

入学時には選考料・入学金、卒業までには授業料のほか、スクーリング受講料(面接授業)などが必要です。スクーリングは卒業までに30単位修得しなければなりませんので、年間平均で7~8単位のスクーリングを受講することになります。最短で卒業した場合、学費の概算は下表のとおりです。

1年次入学の場合

年次 選考料・入学金 授業料 スクリーング受講料 合計
1年次 10,000円 + 30,000円 285,000円 13,000円 × 4単位 377,000円
2年次 285,000円 13,000円 × 2単位 311,000円
3年次 285,000円 13,000円 × 6単位 363,000円
4年次 285,000円 13,000円 × 8単位 389,000円
その他(1年次~4年次の間) 13,000円 × 10単位 130,000円
1,570,000円

2年次編入学の場合

年次 選考料・入学金 授業料 スクリーング受講料 合計
2年次 20,000円 + 30,000円 285,000円 13,000円 × 6単位 413,000円
3年次 285,000円 13,000円 × 6単位 363,000円
4年次 285,000円 13,000円 × 8単位 389,000円
1,165,000円

3年次編入学の場合

年次 選考料・入学金 授業料 スクリーング受講料 合計
3年次 20,000円 + 30,000円 285,000円 13,000円 × 6単位 413,000円
4年次 285,000円 13,000円 × 8単位 389,000円
802,000円
  • スクーリングを鷹の台キャンパス・吉祥寺校・三鷹ルームで受講した場合の受講料で計算しています。
  • 2年次・3年次編入学の例は、入学時に既修得単位をスクーリング単位として認定された場合です。
  • 受講する科目によっては別途教材費がかかるものもあります。
  • 不合格によりスクーリング再受講となった場合、新たに同一の受講料・申込みが必要です。
  • 参考図書等の購入代金・材料費・課題の郵送料等は含まれません。