芸術文化学科 造形研究コース

造形芸術がわれわれにもたらしてきたもの。
実技やフィールドワークを通して、自分の目でとらえる。

美術館や出版物、TVなどを通して多くの人が美術に親しみ、デザインや建築もまた、生活の一部として私たちを取り巻いています。造形研究コースは、こうした造形芸術を深く理解し、それを自分の言葉で表現できる真摯な研究者、優れた鑑賞者を育てることを目的としたコースです。

学習内容には、造形史、造形論、媒体研究の3つの柱があり、これらを横断的に学びながら、文献資料の読解や分析、研究テーマの発見、テーマに沿った見解の構築といった研究の方法論を身につけていきます。

また、造形文化科目に、美術史や美術論などに関する重要な科目が開設されており、造形の歴史や理論についての基礎的な知識を得ることができます。さらに、実技やフィールドワークの重視など、ムサビ通信ならではのカリキュラムによって、自分の目でナマの現象を捉え、そこから問題を発掘していく力を養います。
造形がいかにして今日のような存在になり、われわれに何をもたらしてきたのか。造形が身近なものになり、情報があふれている今だからこそ、そのことを改めて考えることの意味は、私たち自身を知るうえでも、人間の未来にとっても、決して小さくないと言えるでしょう。

造形研究コースの卒業制作論文をご紹介。

狩野探幽の鳥ー時を表現する幽微ー
2017年度卒業制作論文

狩野探幽が求めた「幽微」とは

「幽微を探らざれば、その奥に至りがたし」 これは、号”探幽斎“の由来とされる一節だ。探幽が求めた「幽微」とは、 どのようなものだったのか。「鳥」の表現には、 空間構成による主題の明確化があり、動的表現による時間と情緒がある……。 そこには、少なからず中世から近世へと移り変わる 時代性も映し込まれているのだ。

卒業制作論文概要

 狩野派を「一変」したともさ れる狩野探幽は、画風は淡麗瀟洒、余白を生かした画面に特徴があるとされてきたが、果たして彼の作品的な特徴はそれだけであろうか。激動の時代に身を置き、長きにわたって江戸幕府の中枢で活躍することとなった御用絵師と、その変化していった画風。本研究では、探幽の描いた「鳥」をテーマに、狩野派として受け継がれる技術のみならず、作品における情緒的な特徴を捉え、新たな視点を見つけ出そうと考えたものである。狩野探幽が生きたのは、中世から近世へと移り変わる激動期であり、江戸幕府がその権力を確立していく時代である。京の公家衆の掌握を強く意識した幕府の文化政策や、大徳寺や茶の湯とのかかわり、他派の絵師との交流など、狩野派の流れだけでなく多角的に探幽の置かれた立場とその背景を考察することから、作品がその時代性を少なからず表していることを浮き彫りにしつつ、なかでも日本的な表現を感じさせる「鳥」の描き方から、探幽個人が求めた「幽微」の一端に迫る。

小林さやか

芸術文化学科 造形研究コース 2017年度卒業

タイ寺院壁画の場面配置特性を探る ー19世紀から20世紀にラーンナー地方で描かれたジャータカ第547話を中心にー
2016年度卒業制作論文

タイ寺院で見た壁画の謎を解く

タイ北部ラーンナー地方の寺院で見た釈迦前世物語の壁画。物語の進行を無視して場面展開されている。一体なぜなのか。 謎を解くために、タイ語を学び、タイ美術の文献を漁り、 三寺院の壁画を採寸して写真に撮り、分析を進めた。やがて、一見するとランダムな場面展開が、限られた壁面内で善業功徳や因果応報を 絵解きするための、合理的な配置であることが明らかになってくる……。

卒業制作論文概要

本論文は、タイの仏教寺院壁画に表現された仏教説話「ジャータカ第547話」の場面配置の特性を探るものである。547話は物語仕立てになっているが、その物語に則して壁画を「読んで」みると、物語の進行を無視しててんでばらばらに場面が配置されているように見える。なぜ、そのような場面配置になっているのか。タイを訪れて、壁画を前にした時に抱いた疑問の答えを探るのが目的である。
対象とする範囲は、壁画の制作年代を19世紀後半から20世紀初頭、地域をラーンナー地方(北部タイ)とした。
三つの寺院を事例としたにとどまったが、地域と制作年代を限定したことに加えて、タイ人の人口に膾炙した「547話」を分析対象にしたことによって、場面配置の特性が明確になったと考える。
出発点はごく個人的な疑問であったが、結果としてある程度一般化できそうな答えが得られた。それは本文の通りであるが、かいつまんで言えば、ばらばらの裏には幾つもの合理性があったのである。

青木慶太

芸術文化学科 造形研究コース 2016年度卒業

造形研究コースの学習領域

媒体研究

造形作品を支える物質的な形態やそれを支える技術的な背景について考えることを通して、造形をそれぞれの時代の文化的・社会的な構造との関わりにおいて捉えることを意図しています。特に、印刷文化論、映像文化論などの造形文化科目で得られる認識は、現代の私たちにもつながる、近代における大衆文化の成立と印刷術や写真術などの複製技術との密接な関連を知る基盤となります。
(関連科目 : 造形文化科目における美術理論関連科目、編集研究、媒体組成研究など)

造形論

造形という現象を知的な理解と説明の対象として捉えることを通して、造形についてのさまざまな知見を把握し、それらの知見を比較分析しながら、自らの言葉で造形を語り記す手だてを身につけることを目指しています。なかでも、民芸論、美術論、現代芸術論、工芸論などの造形文化科目で示される課題は、造形を論ずる際のさまざまなアプローチを発見する手がかりとなるでしょう。
(関連科目 : 造形文化科目における美術理論関連科目、造形学概論、造形学研究など)

造形史

美術・デザイン・建築など、さまざまな造形領域の歴史を学ぶことを通して、造形の多様性やその成立の背景への理解を獲得します。とりわけ、日本美術史、東洋美術史、西洋美術史、建築史、デザイン史などの造形文化科目における学習は、人類がつくり出した膨大な作品群を歴史的に把握する視点を養うとともに、そうした歴史的な視点自体を常に捉え直す意識にもつながっていきます。
(関連科目 : 造形文化科目における美術史関連科目、造形民俗学など)

造形研究コースの科目をピックアップ。

年表の作成─自分の研究テーマに沿って複数の先行研究文献を選択し、それらにおいて記述されている事項をもとに年表を制作することによって、これまでの研究成果の傾向や今後求められる課題や視点について考察しレポートを作成する課題

造形学研究(4年次)造形研究の方法論と視点

造形研究の多様な視点を把握し、各自の研究の立脚点を把握する視点を構築する。
様々な方法論を、歴史的に遡及して探索したうえで、その今日的な意味を検討する。
研究のための基礎資料の収集と分析を行い、造形研究のあり方自体への批判的検討を行う。

  • 文献目録の制作(通信授業課題)
  • 年表の制作(通信授業課題)
  • 文献解題の制作(通信授業課題)
自分の作品、ブランドコピー商品、アンティーク品に対する感情を、三つのキーワードによって解釈することで、制作、選択、使用という場面から自己とモノとの関係を客観的に捉え直す

媒体組成研究(4年次)造形芸術における「媒体」の意味

芸術文化とりわけ造形芸術は、材料やその使用技法という物質的な要素を抜きに存在しえない。
ここでは、造形芸術におけるこうした物質的要素を、記録や伝達、表現といった機能を個別的な作品として成立させる媒体としてとらえ、その時代的・地域的な特性や、例えば絵画における壁画・タブロー・挿絵等といった媒体の形式と美術館・印刷物・映像等による作品の鑑賞・受容のあり方とのかかわりを把握することをとおして、造形芸術に対するより深い理解を獲得する。

  • 用語注釈の制作(通信授業課題)
  • 参考図版の制作(通信授業課題)
  • メディアとしての書物(面接授業課題)

造形研究コースの履修モデル

1年次

レポート入門Ⅰ
レポート入門Ⅱ
コンピュータリテラシーⅠ
コンピュータリテラシーⅡ
カメラリテラシー
美術入門
デザイン入門
著作権法
日本美術史
西洋美術史Ⅰ
美術論
造形基礎Ⅰ
造形基礎Ⅱ
造形基礎Ⅲ
造形基礎Ⅳ
レタリング
イラストレーション
デザインリサーチⅠ

2年次

コンピュータリテラシーⅢ
文学
民俗学
東洋美術史
西洋美術史Ⅱ
デザイン史
演劇史
民芸論
工芸論
ワークショップ研究Ⅰ
デッサンⅠ
タイポグラフィ
絵本
版画Ⅰ
デザインリサーチⅡ

3年次

美術の歴史と鑑賞
建築史
印刷文化論
デッサンⅡ
ブックバインディング
映像メディア表現Ⅰ
グラフィックデザイン基礎Ⅰ
ミュゼオロジーⅠ
造形民俗学
メディア論(選択)
生涯学習概論(選択)
編集研究
造形学概論

4年次

現代芸術論
映像文化論
アートマネージメント
彫塑Ⅰ
デザインⅠ
パッケージデザイン
図法製図Ⅰ
資料情報処理
媒体組成研究
造形学研究
卒業制作

  • は必修科目
  • 造形に対する総合的な理解と判断力を養うため、造形文化科目では人文・社会分野や、外国語、造形の理論と歴史を学ぶ科目を中心に、また造形総合科目では基礎的な造形技法を学ぶ科目を中心に、幅広い科目にわたって履修することが望ましい。

造形研究コースのスクーリング。
教員や仲間との交流がよい刺激に。

造形基礎Ⅲ

ブックバインディング

映像メディア表現Ⅰ

造形研究コースの4年間の学費例をシミュレーション。

入学時には選考料・入学金、卒業までには授業料のほか、スクーリング受講料(面接授業)などが必要です。スクーリングは卒業までに30単位修得しなければなりませんので、年間平均で7~8単位のスクーリングを受講することになります。最短で卒業した場合、学費の概算は下表のとおりです。

1年次入学の場合

年次 選考料・入学金 授業料 スクリーング受講料 合計
1年次 10,000円 + 30,000円 285,000円 13,000円 × 3単位 364,000円
2年次 285,000円 13,000円 × 1単位 298,000円
3年次 285,000円 13,000円 × 3単位 324,000円
4年次 285,000円 13,000円 × 4単位 337,000円
その他(1年次~4年次の間) 13,000円 × 19単位 247,000円
1,570,000円

2年次編入学の場合

年次 選考料・入学金 授業料 スクリーング受講料 合計
2年次 20,000円 + 30,000円 285,000円 13,000円 × 4単位 387,000円
3年次 285,000円 13,000円 × 3単位 324,000円
4年次 285,000円 13,000円 × 4単位 337,000円
1,048,000円

3年次編入学の場合

年次 選考料・入学金 授業料 スクリーング受講料 合計
3年次 20,000円 + 30,000円 285,000円 13,000円 × 3単位 374,000円
4年次 285,000円 13,000円 × 4単位 337,000円
711,000円
  • スクーリングを鷹の台キャンパス・吉祥寺校・三鷹ルームで受講した場合の受講料で計算しています。
  • 2年次・3年次編入学の例は、入学時に既修得単位をスクーリング単位として認定された場合です。
  • 受講する科目によっては別途教材費がかかるものもあります。
  • 不合格によりスクーリング再受講となった場合、新たに同一の受講料・申込みが必要です。
  • 参考図書等の購入代金・材料費・課題の郵送料等は含まれません。