各学科のポリシー

しっかりとしたポリシーのもとで学べるのは、
伝統のある総合美術大学ならでは。

油絵学科

カリキュラム・ポリシー

1・2年次

1年次に設けられた必修科目「造形基礎I〜IV」は、特定の専門のための基礎ではなく、それに先立つ創造の原初的体験、各人が本来持ちながら日常生活の中で埋没し忘れられがちな創造的可能性や能力を呼び起こし、これからの学習の準備となる点で、油絵学科の学習においても重要な意味を持っています。

造形総合科目には、各コースに進学するのに必要な指定科目として、絵画コースのための「絵画I・II」、日本画コースのための「日本画I・II」、版画コースのための「版画I・II」が開設されています。「絵画I」「日本画I」「版画I」は1年次に配当され、専門科目の入口として基礎知識や基本的な技術、用具の扱い方等を中心に学びます。多彩に用意された選択科目の中でも、1年次の学習をさらに補強する科目として、造形総合科目に「デッサンI」「絵画研究I」が置かれています。

2年次では各コースの指定科目として「絵画II」「日本画II」「版画II」が設けられ、さらに技法の経験を広げながら専門課程に進むための造形力と感性を養います。またこれらをさら補強する選択科目として造形総合科目に「デッサンII」「絵画研究II」「デッサン研究」が設けられています。

3・4年次

3年次には学科共通科目として「絵画表現I・II」を設け、線や面、色彩の働きを深く研究する課題により実力を強化します。「絵画III〜V」「日本画III〜V」「版画III〜V」は各コースの必修科目で、それぞれの表現に必要な能力を獲得します。絵画では具象/抽象の志向に即して造形要素や材料、空間等について学び、日本画では様々な支持体や素材による表現の多様さを研究、版画では4版種の基礎技法を習得し版表現を深めます。また、学科共通の選択科目として「複合的表現I」を開設し、立体作品の制作を通じて現代美術の演習が経験できるよう工夫されています。

4年次は各コース必修科目「絵画VI・VII」「日本画VI・VII」「版画VI・VII」と「卒業制作」で、これまでの学習の集大成であるとともにこれからの展開の出発点とも成りうる作品の制作に取り組みます。卒業制作は学内で展示され、広く一般に公開されます。また、3・4年次の学科共通の選択科目として「複合的表現I・II」を開設し、インスタレーションの制作を通して現代美術への理解を深める機会としています。

ディプロマ・ポリシー

通信教育課程共通のディプロマ・ポリシーを踏まえ、卒業制作を含む専門科目を中心とした観点を以下に示します。

  1. 美術全体の歴史的な流れや動向を把握するとともに、専攻する領域の成り立ちと今日の位置、状況を理解しているか。
  2. それぞれの領域における基本的な材料や技法を習得し、活用する力を備えているか。
  3. 絵画を成立させている様々な造形要素に対する理解があり、それを実践的に自己の作品制作に生かす力があるか。
  4. 自分のテーマを発見し、それを表現する独自の方法を探究しているか。

工業工芸デザイン学科

カリキュラム・ポリシー

1・2年次

1年次は、造形総合科目におけるコース指定科目として、生活環境デザインコースに向けた「プロダクトデザインI」、スペースデザインコースに向けた「インテリアデザインI」が開設されています。「プロダクトデザインI」ではものづくりに共通するデザインプロセスの概要と図面やスケッチによる表現及び立体造形の基本を学習し、「インテリアデザインI」では学習の対象を身近な空間のデザインとして、空間とは、機能とは、表現とはという空間デザインの基本的な考え方を体験を通して学びます。

2年次にも各コース指定科目が置かれ、「プロダクトデザインII」ではものに対する用途の要求項目や問題を発見する方法、ものづくりのデザインをする上で必要なアイデアの展開と表現方法など一般的なデザインプロセスとデザイン提案を表現する基礎を学習し、「インテリアデザインII」では空間の観察方法を学び、都市が示す表情と機能を「もの」と「こと」の調査から明らかにすることで人と環境と造形の関係を考察し、空間デザインの考え方をもう一歩進めて、提案に至るまでの基本的なプロセスを学びます。

3・4年次

3年次は、「工芸工業デザイン基礎I・II」が学科必修科目として位置づけられ、コースの枠を超えて同じ題材に取り組むなど、道具と空間の関係を包括的に捉えて広い視野を獲得する機会としています。製品や都市の調査・解析手法、基本的な造形材料と技法、表現の意味と作用を具体的に学びます。また各コースにおける専門学習の理論的視座を形成する科目を開設し、「生活環境デザイン論」ではデザインの歴史やものづくりの現場への理解を、「スペースデザイン論」では都市の表情からシーンへの展開を通して演出性への理解を深めます。

4年次は、さらに造形表現の能力を蓄えるとともに、デザイン上の問題意識や企画提案能力、他者への伝達能力をいっそう高めていくことに取り組みます。生活環境デザインコースでは「生活環境計画I・II」「生活環境デザイン研究」で、プロダクトデザインに必要な社会的テーマの調査研究と考察・提案力の養成や、クラフトデザインに求められる製品化・商品化に向けた企画力とプレゼンテーション力の獲得をはかります。またスペースデザインコースでは「空間設計I・II」「スペースデザイン研究」で、商業施設の個性化の可能性や光の演出による意味生成、劇場舞台におけるコミュニケーション作用を学びながら空間表現の能力を身に付けていきます。「卒業制作」では学習の集大成として自らテーマを設定し、調査や分析、考察を踏まえて解決策を探究し、造形表現と一体となったデザイン提案を行います。

ディプロマ・ポリシー

通信教育課程共通のディプロマ・ポリシーを踏まえ、卒業制作を含む専門科目を中心とした観点を以下に示します。

  1. 調査や計画、設計や表示に関する基礎的技術を獲得しているか。
  2. 材料の特性を活かし、条件や目的に応じた適切な造形表現が行えるか。
  3. 社会の中から問題を独自に発見し、新規性と客観性を備えたデザインとして提案する能力があるか。

デザイン情報学科

カリキュラム・ポリシー

1・2年次

デザイン情報学科には、グラフィックデザインを中心にメディアによる表現を学ぶコミュニケーションデザインコースと、コンピュータなどのテクノロジーと表現を繋ぐデザインを研究するデザインシステムコースがあります。コミュニケーションデザインコース指定科目「グラフィックデザイン基礎I・II」は、色のシステムの課題から始まり、さらに形の意味を理解することにより、色と形が織りなす意味の形成について学びます。またアイディアをコンピュータを使って表現できるスキルや文字、写真、ダイアグラム、広告的ヴィジュアル表現などの課題を通して、形成された情報が的確に共感と理解を生むメカニズムを体得することが、コミュニケーションデザインコースの基礎的素養となります。

デザインシステムコース指定科目「情報システム基礎I・II」では、情報システムについて理解するところから始まり、それが生活においてどのような役割を担っているか、コンピュータがどのような処理を行っているのかを理解することからデザインのアルゴリズムを学んでいきます。またハードウェア、ソフトウェア、ネットワークなどの基礎的な知識を身につけた上、実際にプログラミングを経験することで、情報システムについての理解を深め、コンピュータやネットワークを介したコミュニケーションのあり方について考察、提案できる素地を学習します。

3・4年次

3年次の学科共通科目「メディア環境論」では既成のメディアから離れ、新たなメディアの可能性を自由な発想から考えます。また「マルチメディア表現」では、メディアをコンピュータに限定し、マルチメディアによる問題解決が人々の生活に何を実現できるのかを考えます。

コミュニケーションデザインコースには二つの柱があります。ひとつは「コミュニケーション研究I・II」で、リサーチなどを通じて社会の実態を理解し、グラフィックデザインの知識や技能をベースに、ワークショップなどを導入しながら、インタラクティブなコミュニケーションをプロデユースする生きたデザインを実践します。もうひとつの柱が「イメージ編集I・II」で色や形、文字や写真などの要素を編集し、総合的なメディアとして完成する力を研究という領域まで発展させる科目です。さらに「ヒト」「モノ」「コト」に注目し、新しい視覚表現の可能性を研究する「グラフィックデザインI・II」が選択科目として用意されています。

デザインシステムコースでは、インターネット上に無数に散らばるビッグデータについての理解を深めるための科目「情報通信ネットワーク」「データベース」があり、ユーザーが直接触れるインターフェイスでなく、より深い部分からデザインに関する問題提起や提案を行うための力を身につけます。また画像を用いた人間と人間、人間とコンピュータにおけるコミュニケーションについて考えていく「画像表現研究」があります。これらによって、広くアルゴリズム的なデザインの思考を身につけることをめざしています。さらに「デザインシステム研究」では、それまでに学んできた以外の専門分野を扱うことで、広い観点から発想するための力を蓄えます。

両コースとも4年次は集大成である卒業制作に取り組み、デザインの基礎となる技能と知識を、自らが設定したテーマに生かしながら、総合的に情報発信できる作品の実現をめざします。

ディプロマ・ポリシー

通信教育課程共通のディプロマ・ポリシーを踏まえ、卒業制作を含む専門科目を中心とした観点を以下に示します。

  1. さまざまな情報を収集し、広い知識を動員しながら社会的問題を抽出する力やテーマを設定する力が備わっているか。
  2. テーマに即して表現されたデザインが他者に受け入れられ、設定した問題の解決となっているか。
  3. 4年間の学習によって獲得した造形的素養を駆使して、情報を発信できるスキルが十分備わっているか。
  4. 個人の感覚に根ざした表現に独創性があるか。

芸術文化学科

カリキュラム・ポリシー

1・2年次

1年次は「デザインリサーチI」が芸術文化学科に進学するための指定科目として位置づけられ、身近な事物の調査を通して、造形を狭義の美術に限らない広い視野で捉え直し、私たちと物との関係を客観的に把握し伝える能力を養います。その他の造形文化科目と造形総合科目は選択科目として配当されていますが、特定の領域・技法に偏らないよう美術やデザインの幅広い分野から履修することで、造形行為や作品の意味を深く理解することに繋がります。

2年次は「デザインリサーチII」が指定科目として位置づけられ、日常の生活空間の調査、さらには自身の記憶の中にある空間体験の分析を通して、私たちと場・環境との関係を客観的に把握し伝える能力を養います。その他の造形文化科目と造形総合科目は選択科目として配当されており、1年次と同様の方針でさらに知識や経験を広げる機会とします。

3・4年次

3年次は「ミュゼオロジーI」および「編集研究」を芸術文化学科必修科目とし、文献資料の特性と美術館の概論を学ぶことによって専攻の基盤を形成します。造形研究コースでは「造形民俗学」「造形学概論」が、文化支援コースでは「メディア論」「生涯学習概論」がコース必修科目として扱われ、理論的研究と実践的活動という各コースの特性に沿った学習に進みます。これらの科目は他コースにおける選択必修科目として扱われるので、コースの枠をさらに広げる学習に応えるものとなっています。また、3〜4年次における選択科目として博物館活動上重要な3つの専門領域に関する科目「博物館資料保存論」「博物館展示論」「博物館教育論」が開設されています。学生の履歴が多様であることから、学習の題材を各自の生活環境や興味関心と結び付けられるように課題が構成されています。

4年次は、造形研究コースでは「資料情報処理」「媒体組成研究」「造形学研究」が、文化支援コースでは「ミュゼオロジーII」「博物館実習」「文化支援研究」がコース必修科目として扱われ、専門的知見をさらに深めていきます。「卒業制作」は芸術文化学科必修科目として、研究論文の作成に取り組みます。これまでの学習を踏まえながらもそれにとらわれることなく、学生各自のテーマ設定に基づいた芸術文化上の課題を探究することで、自らの問題意識を問い直し、題材に関する理解を深め、それを他者に成果として提示する作業に取り組むことによって、芸術文化学科における学習の仕上げとします。

ディプロマ・ポリシー

通信教育課程共通のディプロマ・ポリシーを踏まえ、卒業制作を含む専門科目を中心とした観点を以下に示します。

  1. 研究テーマを具体化し、それに向けて情報を体系的に収集・整理できるか。
  2. 先行研究を批判的に検討し、それに基づいて独自の考察を展開できるか。
  3. 典拠註記等の論文作法を踏まえ、研究の成果を客観的に提示できるか。