デザイン情報学科 デザインシステム
コース

テクノロジーと表現を融合した
新しいデザインの方法論を確立する。

情報のデジタル化は今日、知や創造の展開、共有・協同、蓄積等に欠かせないものとなっており、これに伴い、細分化されていたデザイン分野を、その対象を拡げながら横断的に理解することが重要となっています。

こうした状況のもと、本コースでは、「情報とは?」という問いから始まり、ハードウェア、ソフトウェア、ネットワークに関する要素技術を理解し、コミュニケーションにおける情報の伝達や符号化、マルチメディア、表現に関する技法などを習得します。

そして、これら具体的な学習成果をベースに、コミュニケーションの問題を情報システムの視点から捉え、その解決方法を理論的に構築し、テクノロジーと表現を融合した新しいデザインの方法論を確立していくことを目指します。

デザインシステムコースの卒業制作作品をご紹介。

「データでみる普天間基地移設問題 長期にわたって複数回報道されている複雑な問題を可視化する試み」 2017年度卒業制作

20年以上にわたる普天間基地移設問題のデータを収集し、可視化する

普天間基地移設問題は、20年間以上に渡って報道されている複雑な事件です。 各々 の報道だけでは事件についての認識が不十分にならないとも限りません。 当作品は情報の断片の隙間を埋め、理解、考察、判断を 正確かつ迅速に導くための方法・道具として、事件に関わるデータを収集し、 可視化を試みるものです。

池田真理子

デザイン情報学科 デザインシステムコース 2017年度卒業

対話連鎖地図 無限に生まれ、繋がり合う言葉の世界 2014年度卒業制作

刻々と変化する会話の地図、
初めて作動した時は手が震えた

Twitter上の会話をリアルタイムに採集し、分解・解析を行い、
視覚表現として出力する。刻々と変化する会話の地図を生成するシステムだ。
グラフィックを眺めながら会話することで、思いがけない言葉の繋がりを発見され、
会話が発展し、活性化する。そんな作品を目指した。
実現に必要なシステムを調べ上げていくのは大変な作業だったが、
期限ギリギリに初めて作動した時は感動で手が震えた。

ナカジマ シン

デザイン情報学科 デザインシステムコース 2014年度卒業

デザインシステムコースの学習プロセス

【1年次】情報システム基礎Ⅰ。【2年次】情報システム基礎Ⅱ。【3年次】通信情報ネットワーク、マルチメディア表現、メディア環境論。【4年次】データベース、デザインシステム研究、画像表現研究、卒業制作。【1年次】情報システム基礎Ⅰ。【2年次】情報システム基礎Ⅱ。【3年次】通信情報ネットワーク、マルチメディア表現、メディア環境論。【4年次】データベース、デザインシステム研究、画像表現研究、卒業制作。

1・2年次

コース指定科目「情報システム基礎Ⅰ・Ⅱ」を通して、4年間の学習の基盤となる情報システムの基礎的な要素技術、その役割とシステム化技術、総合的概念を、論理的思考によって学習し、理解します。この科目の履修に当たっては、造形文化科目の「コンピュータリテラシーⅠ・Ⅱ・Ⅲ」、造形総合科目の「コンピュータ基礎Ⅰ・Ⅱ」、「マルチメディア基礎」などによって、基礎的な知識と技術を習得しておくことが望まれます。また、表現の基礎として、「グラフィックデザイン基礎Ⅰ・Ⅱ」を学習することで、情報システム上でのコミュニケーションを円滑にするための考え方やスキルを習得してほしいと思います。

3年次

「メディア環境論」と「マルチメディア表現」では、実制作を通して、環境とコミュニケーションという観点からメディアの特性やその可能性、問題点などを考えます。さらに「情報通信ネットワーク」では、通信ネットワークの技術とコミュニケーションにおけるその意味を理解すると同時に、ネットワークの設計、構築、インターネット上のデータの収集や利用方法について学びます。

4年次

大量のデータを利用したデータ・ビジュアライゼーションを学ぶ「データベース」。画像表現によるコミュニケーションの問題を扱う「画像表現研究」を通して、情報システムを利用した表現の可能性を探ります。「デザインシステム研究」では幅広い分野の知識を吸収し、自らのテーマを設定し、「卒業制作」につなげてゆきます。

デザインシステムコースの科目をピックアップ。

(上)線で遊ぶ─線をテーマにしたグラフィカルなアニメーション。段階的に色や形、そして動きを制御していく過程の習作
(下)手で描く─ドローイングアプリケーションを自作し、それを使って作品を「描く」実習。基本のプログラムから派生的に様々な表現を見つけていく

情報システム基礎Ⅰ(1・2年次)プログラミングから情報システムを学ぶ

ヴィジュアルデザインやアートに向いたプログラム言語「Processing」を学ぶことを通じて情報システムの基礎を学び、「デザインする、もしくはデザインさせるシステム」の制作とは何かについて、基礎的な理解を目指す。

  • 「フォーム」と「カラー」をテーマとしたアプリケーション開発(面接授業課題)
  • 「反復」「ドローイング」をテーマとしたアプリケーション開発(面接授業課題)
  • 2つのプログラム及びそのプログラムを使った静止画作品の作成(通信授業課題)
  • 動きを伴う2つのプログラム作成(通信授業課題)
ビッグデータの利用を前提としたデータ処理─作例はベストセラー書籍のジャンルによる売り上げデータを処理したもの

情報通信ネットワーク(3年次)ネットワークの設計、構築、運用

情報社会を支える通信ネットワークの技術と、コミュニケーションにおける意義を理論的・歴史的に把握した上で、ネットワークの設計、構築、運用方法について学ぶ。また、インターネット上の膨大なデータを利用するための基礎を実習を通して学習する。

  • ネットワークの技術や概要について、小~中学生に説明するためのポスター制作(通信授業課題)
  • ビッグデータの利用を前提としたデータ処理とサーバー構築(面接授業課題)
インターネット上のデータを使ったデータヴィジュアライゼーション作品の制作─インターネット上にある情報を成形してデータベースに格納するプログラムを作成。そのデータベースを基にヴィジュアライゼーションを行う。作例はインターネット上から収集したハリウッド映画の興行収益と予算のデータのヴィジュアライゼーション

データベース(4年次)データベースの分析・設計・作成

データベースの役割と実用について学習する。インターネット上のデータの取得方法、データのクリーニング、データベース作成だけでなく、データを活用した視覚化手法の検討と実装を経験しながら、データベースへの理解を深める。

  • データヴィジュアライゼーションの手法と実例のリサーチ(通信授業課題)
  • インターネット上のデータを使ったデータヴィジュアライゼーション作品の制作(面接授業課題)

デザインシステムコースの履修モデル

1年次

造形基礎I
造形基礎II
造形基礎III
造形基礎IV
コンピュータ基礎Ⅰ
コンピュータ基礎Ⅱ
グラフィックデザイン基礎Ⅰ
情報システム基礎Ⅰ

2年次

情報システム基礎Ⅱ
映像メディア表現I
映像メディア表現II
工芸I
グラフィックデザイン基礎II
マルチメディア基礎
図法製図I
デジタルファブリケーション実習

3年次

デザインリサーチI
ブックバインディング
パッケージデザイン
タイポグラフィ
レタリング
メディア環境論
マルチメディア表現
情報通信ネットワーク

4年次

画像表現研究
データベース
デザインシステム研究
卒業制作

  • は必修科目
  • 上記のほかに、造形文化科目(自由選択)を卒業までに50単位(内20単位は1・2年次に)修得する。
  • 美術・デザイン系からの3年次編入学生は、「コンピュータ基礎Ⅰ・Ⅱ」や「情報システム基礎Ⅰ・Ⅱ」を、また情報系からの3年次編入学生は、「造形基礎Ⅰ・Ⅳ」や「グラフィックデザイン基礎Ⅰ・Ⅱ」等を履修することが望ましい。
  • 造形専門科目は、教科「情報」に関する科目を中心に構成されているが、教職課程を履修する場合は、別に本学が定める科目の単位修得が必要となる。

デザインシステムコースのスクーリング。
教員や仲間との交流がよい刺激に。

マルチメディア表現

画像表現研究

デザインシステム研究

デザインシステムコースの4年間の学費例をシミュレーション。

入学時には選考料・入学金、卒業までには授業料のほか、スクーリング受講料(面接授業)などが必要です。スクーリングは卒業までに30単位修得しなければなりませんので、年間平均で7~8単位のスクーリングを受講することになります。最短で卒業した場合、学費の概算は下表のとおりです。

1年次入学の場合

年次 選考料・入学金 授業料 スクリーング受講料 合計
1年次 10,000円 + 30,000円 285,000円 13,000円 × 4単位 377,000円
2年次 285,000円 13,000円 × 2単位 311,000円
3年次 285,000円 13,000円 × 6単位 363,000円
4年次 285,000円 13,000円 × 8単位 389,000円
その他(1年次~4年次の間) 13,000円 × 10単位 130,000円
1,570,000円

2年次編入学の場合

年次 選考料・入学金 授業料 スクリーング受講料 合計
2年次 20,000円 + 30,000円 285,000円 13,000円 × 6単位 413,000円
3年次 285,000円 13,000円 × 6単位 363,000円
4年次 285,000円 13,000円 × 8単位 389,000円
1,165,000円

3年次編入学の場合

年次 選考料・入学金 授業料 スクリーング受講料 合計
3年次 20,000円 + 30,000円 285,000円 13,000円 × 6単位 413,000円
4年次 285,000円 13,000円 × 8単位 389,000円
802,000円
  • スクーリングを鷹の台キャンパス・吉祥寺校・三鷹ルームで受講した場合の受講料で計算しています。
  • 2年次・3年次編入学の例は、入学時に既修得単位をスクーリング単位として認定された場合です。
  • 受講する科目によっては別途教材費がかかるものもあります。
  • 不合格によりスクーリング再受講となった場合、新たに同一の受講料・申込みが必要です。
  • 参考図書等の購入代金・材料費・課題の郵送料等は含まれません。