芸術文化学科 文化支援コース

芸術文化の専門的な知見をもとに、
アートと社会を専門的な立場から力強くつなげる。

今日、都市空間における最先端のアートや文化遺産などが注目され、地域コミュニティの形成に芸術文化を活用しようとする動きも、かつてないほど高まっています。私たちと芸術文化の関わりは、誰もがその創造や伝達の場に関与するあり方へと、大きく変わりつつあります。文化支援コースは、こうした変化に対応し、さまざまな立場から芸術文化の創造を支援し、その伝達を担う人材の育成を目ざしています。

具体的な学習内容は、博物館の学芸員課程に準拠し、博物館学を中心とした「ミュゼオロジー」を軸に、「生涯学習論」、「地域文化研究」によって構成されています。この3つの柱を通して、美術館、博物館では歴史的にどんなことが行われ、今そこで何が起きているのかを学び、アートと社会の関係について考え、美術館や博物館、あるいはより広い場で専門家として果たすべき役割についての学習を深めていきます。

一般大学の学芸員課程との大きな違いは、理論だけではなく、総合科目で実制作に取り組むこと。つくり手をサポートする上でも、受け手により的確なメッセージを送る上でも、きわめて有効な体験となるはずです。

美術館・博物館の企画・運営に携わる専門家はもとより、芸術文化に関するさまざまな社会的活動に対しても、専門的な知見を身につけた市民の参加が求められています。こうした社会的な要請に応えようとするのが文化支援コースです。

文化支援コースの卒業制作論文をご紹介。

国東半島の石像物と現代人との関係性についての一考察 ─保全と活用をめぐる現状と課題─
2016年度卒業制作論文

生まれ育った地域の美術文化とそれらを育んできた風土

故郷、大分県国東半島の「石造美術」について
研究したいと考えた。生まれ育った地域を
特徴づける美術文化と、それらを育んできた風土を理解することが、
これから出会う様々な事物との積極的な対話に繋がるのではないか。
今後も自身の見方や考え方を深めることで、
多様な文化に対する興味関心を広げたい。

卒業制作論文概要

石像物が数多く残されている大分県の中でも、県北に位置する国東半島の石像物の現存数は際だっており、地域を特徴付ける文化の一つであるといえる。自然の素材である「石」を用いて時代時代の人々によって祈りを込められ、造り溜められてきた石像物であるが、現代人の視点によって、文化遺産、観光資源といった様々な見方や関わり方が存在する。近年、視点の違いによって問題が起こっているところもある。
人口減少や高齢化によって地域文化の継承が危ぶまれている中、石像物やそれらを含めた里山景観を丸ごと次世代に伝えていくためにはどのような方法があるのか。公的なシステムによる評価の観点を明らかにし、そこからこぼれおちる価値についても考察する。

赤木 歩

芸術文化学科 文化支援コース 2016年度卒業

メディアアートの同一性 ─修復が接続する「オリジナル」の未来─
2015年度卒業制作論文

アートが「今」を生きる作品でありつづけること

卒論では「今」に目を据えたいと思っていた。
テーマに選んだのはメディアアートの保存修復。
保存修復とは「今」を繋ぐ作業だ。
だが、現代のメディアアートには、古典美術とは違った困難が伴う。
アートのオリジナリティ、今現在を生きている状態を保つために、保存修復という「介入」はどうあろうとしているのか。

卒業制作論文概要

メディアアートの同一性について、保存修復の側面から考察。美術作品の修復は一般に、作品の回復を目的とするが、メディアアートの場合は、マチエールの更新によって永続的な鑑賞に耐えうる状態を目指す。一方、そうした介入は作品の同一性を失う懸念を伴う。
作品を所有する国内数カ所の現場をつぶさに調査し、古典美術との比較検討を通して、メディアアートの同一性、それが「生きている状態」を維持する修復の可能性を探った。

仙田 裕美

芸術文化学科 文化支援コース 2015年度卒業

文化支援コースの学習領域

地域文化研究

文化という概念の成立や変容をあらためて捉え直し、そうした文化を研究把握の対象としたこれまでの試みを振り返るとともに、文化環境の地域による多様性に目を向けることで、さまざまな文化活動の外枠となっている地域的な背景の重要性を把握します。あわせて、芸術文化を地域社会全体で支えていくという考え方が今日的なものとなっていることに着目し、そうした考え方の前提となっている公共性のあり方やそれをめぐる私たちの意識について検討します。
(関連科目:文化支援研究など)

生涯学習論

学校という場に限られない今日の社会における多様な「学び」のかたちを知ることを通して、芸術文化の成果を社会に伝えるうえでの前提や条件を把握するとともに、自ら学ぶことの意義やその手だてを発見していきます。これは、通信教育課程において学ぶ自身の立場を理解することにもつながっています。あわせて、膨大な情報を伝える現代のメディアのあり方を具体的に検証することで、受け手が情報を主体的に活用するすべを探っていきます。
(関連科目:生涯学習概論、メディア論など)

ミュゼオロジー

美術館を中心とした博物館の理念や歴史、現状や課題、ワークショップやアウトリーチに見られる新たな試みなどを学ぶことを通して、私たちと芸術との関わりや、社会における芸術文化のあり方についての理解を深め、今後の展開に向けたプランニング力を育むことを目指しています。日本美術史、東洋美術史、西洋美術史、建築史、デザイン史などの造形文化科目における学習で芸術文化の多様な成果に触れることが、これをさらに実り多いものにします。
(関連科目:造形文化科目における美術史関連科目、ミュゼオロジーⅠ、ミュゼオロジーⅡ、博物館実習など)

文化支援コースの科目をピックアップ。

生涯学習の理念について具体的事例で学ぶ─生涯学習の理念や現状について学ぶとともに、グループによる博物館・美術館などの見学をとおして、生涯学習と地域社会との関わりについて考える。また、生涯学習を進める上で必要となる学びのための技術にも目を向ける。これを受けて、通信授業では身の回りにある社会教育施設について、その活動状況を調査するとともに、その特徴を生かした生涯学習プログラムを企画してレポートを作成。地域のニーズを把握するとともに、種々の条件を勘案しながら具体的なプランを検討する

生涯学習概論(3年次)生涯学習の理念と博物館・美術館の役割

「自ら学ぶ」ということを主要テーマにして、誰もが、いつでも、どこでも学べる生涯学習社会の実現が提唱されて以来の教育施策の理念と具体的な歩みを学ぶ。
また、博物館と美術館を中心に、図書館や公民館などの社会教育機関が市民の学習活動にどのように貢献しうるかを探る。そして生涯学習を支えるために求められる基本的技量を自らが獲得しスキルアップしていく手がかりを得ることを目指す。

  • 生涯学習の理念について具体的事例について学ぶ(面接授業課題)生涯学習社会における社会教育機関、その中でも特に博物館・美術館の役割を考える(通信授業課題)
博物館科目の学習整理と業務のシミュレーション的体験─通信授業では、実際のミュージアムをもとに、その所蔵資料を使って、独自のストーリーを背景とした展覧会の企画を構想し提案。単なる個別のモノの集積としての展覧会ではなく、文脈によってモノの意味を引き出すための探究をとおしてキュレーターの役割を考える。面接授業では、講義や学内施設での資料の取り扱いの実習、学外見学などをとおして、博物館業務の実際について学ぶ

博物館実習(4年次)博物館業務の実体験

これまで学んできた博物館に関する科目の学習成果を再度総合的に検討し再整理するとともに、キュレーター、マネージャー、エデュケーターとしての博物館業務のシミュレーション的実習を経て、現在の博物館の現状を包括的に分析し、将来的な展望を検討する。

  • 展覧会「コレクション・イン・コンテキスト」の制作(通信授業課題)
  • 博物館科目の学習整理と業務のシミュレーション的体験(面接授業課題)

文化支援コースの履修モデル

1年次

レポート入門Ⅰ
レポート入門Ⅱ
コンピュータリテラシーⅠ
コンピュータリテラシーⅡ
カメラリテラシー
美術入門
デザイン入門
著作権法
日本美術史
西洋美術史Ⅰ
美術論
造形基礎Ⅰ
造形基礎Ⅱ
造形基礎Ⅲ
造形基礎Ⅳ
デザインリサーチⅠ
レタリング
イラストレーション

2年次

コンピュータリテラシーⅢ
文学
民俗学
東洋美術史
西洋美術史Ⅱ
デザイン史
演劇史
民芸論
工芸論
ワークショップ研究Ⅰ
デザインリサーチⅡ
デッサンⅠ
タイポグラフィ
絵本
版画Ⅰ

3年次

美術の歴史と鑑賞
建築史
印刷文化論
デッサンⅡ
ブックバインディング
グラフィックデザイン基礎Ⅰ
ミュゼオロジーⅠ
造形民俗学(選択)
造形学概論(選択)
メディア論
編集研究
生涯学習概論
博物館教育論
博物館展示論

4年次

現代芸術論
映像文化論
アートマネージメント
彫塑Ⅰ
ファッションデザイン
ミュゼオロジーⅡ
博物館実習
文化支援研究
博物館資料保存論
卒業制作

  • は必修科目
  • 造形に対する総合的な理解と判断力を養うため、造形文化科目では人文・社会分野や、外国語、造形の理論と歴史を学ぶ科目を中心に、また造形総合科目では基礎的な造形技法を学ぶ科目を中心に、幅広い科目にわたって履修することが望ましい。

文化支援コースのスクーリング。
教員や仲間との交流がよい刺激に。

デッサンⅡ

ワークショップ研究Ⅰ

博物館実習

文化支援コースの4年間の学費例をシミュレーション。

入学時には選考料・入学金、卒業までには授業料のほか、スクーリング受講料(面接授業)などが必要です。スクーリングは卒業までに30単位修得しなければなりませんので、年間平均で7~8単位のスクーリングを受講することになります。最短で卒業した場合、学費の概算は下表のとおりです。

1年次入学の場合

年次 選考料・入学金 授業料 スクリーング受講料 合計
1年次 10,000円 + 30,000円 285,000円 13,000円 × 3単位 364,000円
2年次 285,000円 13,000円 × 1単位 298,000円
3年次 285,000円 13,000円 × 3単位 324,000円
4年次 285,000円 13,000円 × 4単位 337,000円
その他(1年次~4年次の間) 13,000円 × 19単位 247,000円
1,570,000円

2年次編入学の場合

年次 選考料・入学金 授業料 スクリーング受講料 合計
2年次 20,000円 + 30,000円 285,000円 13,000円 × 4単位 387,000円
3年次 285,000円 13,000円 × 3単位 324,000円
4年次 285,000円 13,000円 × 4単位 337,000円
1,048,000円

3年次編入学の場合

年次 選考料・入学金 授業料 スクリーング受講料 合計
3年次 20,000円 + 30,000円 285,000円 13,000円 × 3単位 374,000円
4年次 285,000円 13,000円 × 4単位 337,000円
711,000円
  • スクーリングを鷹の台キャンパス・吉祥寺校・三鷹ルームで受講した場合の受講料で計算しています。
  • 2年次・3年次編入学の例は、入学時に既修得単位をスクーリング単位として認定された場合です。
  • 受講する科目によっては別途教材費がかかるものもあります。
  • 不合格によりスクーリング再受講となった場合、新たに同一の受講料・申込みが必要です。
  • 参考図書等の購入代金・材料費・課題の郵送料等は含まれません。