学習サポート

自宅で自由に学習できることが通信教育の最大の利点ですが、さまざまな活動やツールを通して、学生同士、大学と学生、教員と学生の交流の機会も多く、豊かで刺激的な学生生活を送ることができます。提携している美術館・博物館に入館できる「キャンパスメンバーズ」、奨学金制度など学生支援体制も充実しているので、大いに利用してください。

奨学金

本学奨学金

本学通信教育課程では、成績優秀な学生に対し、次の奨学金を授与または貸与しています。

武蔵野美術大学造形学部通信教育課程奨励奨学金

通信教育課程に在学している学生の中から、造形に関する能力と学習に意欲があり、なおかつ、申請年度の履修が計画的に行われている15名の学生に対し、選考のうえ、奨励奨学金を贈与(学費免除)します。

贈与額

[1種]年間授業料の全額(285,000円):5名
[2種]年間授業料の半額(142,500円):10名

※奨励奨学金の贈与は年次ごとに1回限りとします。 一度奨励奨学金を贈与された方は、次年度以降同一年次での奨励奨学金の申請はできません。

選考スケジュール

4月初め・・月刊誌『武蔵美通信』に募集記事掲載
5月末・・・出願締切 (ポートフォリオ提出)
6〜7月 ・・審査
9月初め・・月刊誌『武蔵美通信』で採用者発表

その他奨学金

武蔵野美術大学校友会奨学金

卒業生からの募金と奨学金基金をもとに、校友会(本学卒業生の組織)で選考のうえ、4年次生(卒業見込みの者)へ贈与されます。

贈与額 100,000円:3名

武蔵野美術大学校友会奨学金へのお問い合わせはこちら

日本学生支援機構奨学金(旧名称:日本育英会奨学金)

当該年度の夏期・冬期スクーリングを受講する学生に対し、選考のうえ、年1回下記の貸与申請が出来ます。 出願資格は「独立行政法人日本学生支援機構法」により定められた規定によります。 なお、日本学生支援機構奨学金には、無利子貸与の「第1種」と、有利子(上限3%)貸与の「第2種」があります。
詳細は入学後にお知らせします。

奨学金種類 貸与額(年額)
第一種奨学金(無利子貸与) 88,000円
第二種奨学金(有利子貸与) 以下から選択
30,000円
50,000円
80,000円
100,000円
120,000円

学習会活動

学習会は、学生の自発的な呼びかけによって設立、運営される学習と交流の場です。全国を拠点に、自主的な学習の場を設けたり、デッサン会や見学会を催すなど活発な活動が展開されています。同じ学科・コースの学生同士、同じ科目を受講している学生同士、地域の学生同士など、さまざまな形態があり、インターネットを利用した学習会では全国の学生との交流や情報交換が可能です。大学は活動費の援助や活動内容の発信など、さまざまな援助を行っています。

キャンパスメンバーズ

東京は世界でもまれな美術館・博物館集積都市。武蔵美はさまざまな館と提携して、学生証の提示だけで常設展に入館できる「キャンパスメンバーズ」制度に加入しています。利用できるのは東京国立博物館や東京国立近代美術館、国立西洋美術館、さらに東京都立のさまざまな美術館・博物館などです。
※学部生・科目等履修生を問わず利用できます(科目等履修生の場合は受講票を提示します)。
※特典内容の詳細については予告なく変更されている場合がありますので、各館Webサイト等を参照してください。

月刊誌「武蔵美(ムサビ)通信」

大学と学生を結ぶコミュニケーション・ツールです。大学からの連絡事項だけでなく、教員の随筆やインタビュー、美術・デザイン界の動向など、内容は盛りだくさん。毎月(8月を除く)、送付されます。
月刊誌「武蔵美通信」のご紹介はこちら

美術館・図書館の利用

鷹の台キャンパスには、約4万点の美術作品やデザイン資料をコレクションする美術館、美術・デザインに関する貴重書を所蔵する図書館があります。通信教育課程の学生は、通学生と同じようにこの美術館・図書館を利用することができます。

学割/通学定期券

スクーリングの受講、科目試験の受験、卒業制作講評の受講等のためにJR線を利用する際、会場までの片道乗車区間が100kmを超える場合は、学割(学校学生生徒旅客運賃割引証)を利用することができます。また、夏期スクーリングなどで長期間通学する場合は、電車・バス等の通学定期券を購入するための「通学証明書」が発行されます。

進路情報の利用

卒業後に就職を希望する学生は、就職課への登録を行うことで、通学課程の学生と同様に、企業・機関等のデータファイルが閲覧できます。