カリキュラム・ポリシー | ディプロマ・ポリシー

カリキュラム・ポリシー

【1・2年次
1年次に設けられた必修科目「造形基礎I〜IV」は、特定の専門のための基礎ではなく、それに先立つ創造の原初的体験、各人が本来持ちながら日常生活の中で埋没し忘れられがちな創造的可能性や能力を呼び起こし、これからの学習の準備となる点で、油絵学科の学習においても重要な意味を持っています。
造形総合科目には、各コースに進学するのに必要な指定科目として、絵画コースのための「絵画I・II」、日本画コースのための「日本画I・II」、版画コースのための「版画I・II」が開設されています。「絵画I」「日本画I」「版画I」は1年次に配当され、専門科目の入口として基礎知識や基本的な技術、用具の扱い方等を中心に学びます。多彩に用意された選択科目の中でも、1年次の学習をさらに補強する科目として、造形総合科目に「デッサンI」「絵画研究I」が置かれています。
2年次では各コースの指定科目として「絵画II」「日本画II」「版画II」が設けられ、さらに技法の経験を広げながら専門課程に進むための造形力と感性を養います。またこれらをさら補強する選択科目として造形総合科目に「デッサンII」「絵画研究II」「デッサン研究」が設けられています。

3・4年次
3年次には学科共通科目として「絵画表現I・II」を設け、線や面、色彩の働きを深く研究する課題により実力を強化します。「絵画III〜V」「日本画III〜V」「版画III〜V」は各コースの必修科目で、それぞれの表現に必要な能力を獲得します。絵画では具象/抽象の志向に即して造形要素や材料、空間等について学び、日本画では様々な支持体や素材による表現の多様さを研究、版画では4版種の基礎技法を習得し版表現を深めます。また、学科共通の選択科目として「複合的表現I」を開設し、立体作品の制作を通じて現代美術の演習が経験できるよう工夫されています。
4年次は各コース必修科目「絵画VI・VII」「日本画VI・VII」「版画VI・VII」と「卒業制作」で、これまでの学習の集大成であるとともにこれからの展開の出発点とも成りうる作品の制作に取り組みます。卒業制作は学内で展示され、広く一般に公開されます。また、3・4年次の学科共通の選択科目として「複合的表現I・II」を開設し、インスタレーションの制作を通して現代美術への理解を深める機会としています。

ディプロマ・ポリシー

通信教育課程共通のディプロマ・ポリシーを踏まえ、卒業制作を含む専門科目を中心とした観点を以下に示します。
(1) 美術全体の歴史的な流れや動向を把握するとともに、専攻する領域の成り立ちと今日の位置、状況を理解しているか。
(2) それぞれの領域における基本的な材料や技法を習得し、活用する力を備えているか。
(3) 絵画を成立させている様々な造形要素に対する理解があり、それを実践的に自己の作品制作に生かす力があるか。
(4) 自分のテーマを発見し、それを表現する独自の方法を探究しているか。