学科・コースのご紹介

版画コース

4版種の技法をすべて身につけ、
オリジナリティあふれる表現を目ざす。

版画は、版材やインク、各種の道具に触れながら、「版」を媒介にイメージを展開し、それを紙へと定着していくプロセスの芸術です。
日本では、世界に誇る浮世絵版画の伝統を受け継ぐ一方、現代美術の重要なジャンルとして、あるいは絵本やイラストの原画として、多様な展開を見せています。
本コースで学ぶのは、木版、リトグラフ、銅版、スクリーンプリントの4版種。1・2年次で「版表現」の基礎を学び、3年次までに4版種すべてを体験します。各課題のテーマは基本的に自由。各自がそれぞれの表現を探求するなかで技法を深化させ、版種の特性と自己の表現の接点を確認しつつ、独自性のある作品制作を目ざします。

学習のプロセスと本コースで学ぶ4版種

hanga_chart2015

木版

凸版の代表的な技法で、板に彫刻刀などで凹凸をつくり、凸の上部に絵具やインクをのせ、紙に摺ります。板目木版と輪切りにした木の断面を使う木口木版があります。浮世絵など日本人に最も馴染みのある技法といえます。

リトグラフ(石版画)

平版の技法で、石版石やアルミ版などに脂肪性の描画材で絵を描き、水と油が反発する性質を利用して絵の部分のみにインクをのせ、プレス機によって紙に刷る技法。版面に凹凸をつけることなく、絵を描くだけで版を作ります。

銅版

凹版の代表的な技法で、銅版に凹凸をつくり、凹にインクをつめ、強い圧力をかけて紙に刷ります。ドライポイントなど銅版に直接彫刻する方法と、エッチングなど腐食によって凹部をつくる方法があり、それぞれ違った効果を得ることができます。

スクリーンプリント

孔版とも呼ばれる技法で、版となる膜(スクリーン)にインクが通る部分と通らない部分をつくり、紙などに刷る方法です。他の版形式と異なり、図像が反転しないという大きな特徴があります。