学科・コースのご紹介

油絵学科

コース

絵画コース
油絵を中心に現代の多様で新しい造形・絵画を創造します。
日本画コース
豊かな創造性と表現力をもつ日本画を追求します。
版画コース
多様性と独自性で日本の現代美術を牽引してきた版画を創造します。

理念と教育目標

現代における美術は主題や形態、技法や材料の多様化が進行していますが、その反面で全体像を俯瞰することが難しくなっています。今後美術の可能性がさらに広がるためには美術を総合的に捉える視点が不可欠であり、このことは大学での専門的な美術教育においても追求される必要があります。
通信教育課程油絵学科は武蔵野美術大学造形学部の開設時に置かれた美術学科の伝統を今日に受け継いで、あらゆる美術表現に通底する基盤を築きながら、油彩画、日本画そして版画という歴史の中で培われた技法を深く追究することで、表現者としての能力を高めていきます。絵画コースは油彩画を中心としながら平面にとどまらない表現を視野に入れ、日本画コースは東洋画の伝統を踏まえながら現代絵画としての普遍性を目指し、版画コースは版材や支持体の特性を活かした表現の展開を重視しています。学生と教員がともに課題を媒介に制作を通して向き合い、教材と指導で理論と実践とを一体的に教授することによって、条件や目的の様々な学生をそれぞれの創造的な表現へと導くことが教育の目標です。

カリキュラム・ポリシー | ディプロマ・ポリシー