学科・コースのご紹介

芸術文化学科

コース

造形研究コース
先端的かつ多様な学問領域を通して、新しい造形芸術の在り方を深く研究します。
文化支援コース
芸術文化を社会に生かす担い手の育成を目ざし、理論的、実践的な研究を進めます。

理念と教育目標

今日の社会にあって美術は芸術の一領域にとどまらず、人間の様々な活動と結びついた広範な現象となっています。美術に対する認識も、制作に関わる知識や技術の習得のみならず、構想から伝達、受容までを視野に入れた文化学的視点に立って育まれる必要があります。美術という行為が成立し、その成果が私たちの資産となるには、美術家だけではなく、美術の意味を探究してそれを人々に伝え、また人々の興味を美術の世界へと誘う役割を担う者の存在が不可欠です。
通信教育課程芸術文化学科は、進展する生涯学習社会を背景に、アーティストやデザイナーを志望するのとは異なる仕方で、仕事や社会活動、生活上の様々な観点から美術に深い関心を抱く人々に、美術を中心とした芸術文化と社会教育におけるその展開とについて学習する機会を提供します。多様な学歴や職歴を持つ学生に、美術という文化を通して学び、人と人との関係を取り結ぶ喜びを伝えることが教育の目標です。

カリキュラム・ポリシー | ディプロマ・ポリシー