通信教育課程の特色

造形の基礎をつくる総合課程、4学科9コースの専門課程──。「学びたいこと」がここにある。

ムサビ通信は、1・2年次の「総合課程」と3・4年次の「専門課程」から成り立っています。
「総合課程」は造形の基礎を形成していく場。造形教育にはじめて触れる方でも、無理なく安心して学習を始めることができます。同時に、造形教育を受けた経験のある方にとっても、受験教育や技術的な教育では得られない、「表現」のための基礎を築く意味できわめて有効です。
「専門課程」では、美術、デザイン、芸術文化研究の各分野にわたるコースに分かれ、それぞれの専門的な知識や技術を習得し、表現力を高めていきます。すでに創作活動に取り組んでいたり、美術・デザイン関係の職業についている方の、より高度な学習や別の専門学習に取り組みたいというニーズにも、充実したカリキュラムで応えます。

総合課程 1・2年次

総合課程では「学科・コース」に属さず、幅広い分野を学びます。授業科目は「造形文化科目」と「造形総合科目」で構成され、理論と実技の両面から、あらゆる造形分野の専門学習に欠かせない造形の基本を学びます。
総合課程は専門課程へ向けて系統的に専門性を獲得していく場でもあり、入学時に進学を希望する学科・コースを仮登録し、関連する授業科目、学科・コースごとに指定された授業科目を履修します。なお、多様な授業科目を履修し、必要な単位を修得すれば、仮登録した進路を変更することもできます。

専門課程 3・4年次

専門課程では、学生は4学科9コースに分かれ、各学科、各コース必修の授業科目を履修します。必要な単位を修得し、卒業すれば、学士(造形)の学位を取得することができます。

1234course2015

理念・教育目標と3つのポリシー

※武蔵野美術大学造形学部通信教育課程は1−2年次を総合課程、3−4年次を専門課程とし、専門課程は油絵学科、工芸工業デザイン学科、デザイン情報学科、芸術文化学科の4学科で構成されています。以下の各項目について、通信教育課程全体に共通する事項は一括し、学科に関する個別の事項は学科別に記述しています。

理念と教育目標

美術やデザインの細分化と多様化が進行する現代社会にあって新たな創造発展を図るには、それらを常に「造形」という概念の下で総合的に捉えなおすことが不可欠です。このことは、作家やデザイナーなど専門家の養成を目的とする場のみならず、今日の美術・デザインが人々の暮らしや仕事と強く結びついていることを踏まえれば、社会人による学習の場においても、各人の知識と経験をさらに深め広げる上で重要な契機となるものです。
武蔵野美術大学造形学部通信教育課程は、地理的、時間的制約などがありながらも高い意欲を持って学習に取り組もうとする方たちに、通信教育によって、広く造形の高等教育の機会を提供します。生涯学習に向けた基礎的で幅広い教育と、リカレント教育に向けた高度で専門的な教育とを二つの柱に、学生各自の条件や目的に応じた学習を可能にする種々の仕組みによって、社会の多様なニーズに応えていくことが私たちの教育の目標です。

アドミッション・ポリシー

造形の高等教育の門戸を開放し学習の機会を広く社会に提供する課程の趣旨に基づいて、高等学校卒業を入学の基本の要件とし、入学までの美術・デザインに関する知識や経験を問わず、本課程における造形の学習を志願する方を受け入れます。また、入学者のそれまでの学習実績を評価し、生涯学習や専門教育の面で各自の学習の継続性・発展性を実現するため、編入学制度を設けるとともに、美術・デザインの高等教育の実績に応じた編入学時の単位認定を行います。この他、特定の科目だけの受講を目的とする方、大学入学資格を持たないが本課程への入学を希望する方、現有以外の教員免許状取得を目指す現職教員の方に学習の機会を提供するため、それぞれの種類に応じた科目等履修生の制度を設けています。入学・編入学の選考にあたっては、提出された書類に基づいて資格審査を行います。入学者を選抜するための実技試験は行っていません。

カリキュラム・ポリシー

通信教育課程は基礎的で総合的な学習と高度で専門的な学習とを実現するため、1−2年次の総合課程と3−4年次の専門課程によって構成されます。
本課程では入学選考にあたって実技試験を科すことなく、それまで美術・デザインの専門的な学習経験を持たない者にも門戸を開放することから、入学後に造形の基礎的な学習を行い、専門的な学習に向けた準備を行う段階を教育課程に位置づけることが不可欠であり、それが総合課程の役割です。総合課程では造形総合科目「造形基礎I−IV」を1年次の必修科目に設けることによって、造形全般に対する基本的な感覚や態度を養うとともに、すでに造形の専門的な経験を持つ方にとっても柔軟さを回復する機会としています。また、専門課程の各コースに対応した指定科目が造形総合科目として1−2年次に開設され、専門的な学習に向けた準備を系統的に行います。その他の造形総合科目は選択科目として開設され、多分野にわたる学習を実現するとともに学生の多様な学習目的に応えるものとなっています。これらは専門課程においても履修することができ、在学期間を通じて幅広い造形の技能を獲得することができます。
あわせて総合課程では、造形と諸学問分野とをつなぐ造形文化科目を履修します。人文・社会・自然の諸学問分野に関する科目のほか、外国語、健康とスポーツ、造形の理論や歴史に関する科目が選択科目として開設されており、広範な教養の涵養とともに、美術・デザインの幅広い領域にわたる基礎的な知識を獲得する機会となります。これらは専門課程においても履修することができ、在学期間を通じて学習を展開することができます。
専門課程では、総合課程での学習を土台に、4つの学科ごとに開設された造形専門科目を体系的に履修することで、各分野に関する専門的な能力を高めていきます。また、造形文化科目と造形総合科目を選択科目として履修することで、専門的な学習を常に造形の広がりの中で捉え直す機会とします。
授業は通信授業、遠隔授業及び面接授業により行い、各授業科目の目的に応じて授業の方法が定められています。

ディプロマ・ポリシー

(1) 造形文化科目の学習を中心として、諸学問分野や造形の理論と歴史に関する基礎的知識を理解し、それを目的に応じて主体的に活用できるか。
(2) 造形総合科目の学習を中心として、造形の諸領域にわたる基礎的な実技能力を獲得し、それを条件の中で創造的な表現として実現できるか。
(3) 造形専門科目の学習を中心として、当該領域の知識と技能を体系的に修得し、卒業制作においてそれらを総合的に応用して自らの課題を解決する能力を有しているか。

以上の観点を学位授与方針の基準としています。
学科ごとの基準については、卒業制作を含む専門科目を中心とした観点を示します。